【ビデオ】新型フォード「マスタング」、世界一高い超高層ビルの112階で組み立て、展示へ

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月26日 19時30分

【ビデオ】新型フォード「マスタング」、世界一高い超高層ビルの112階で組み立て、展示へ



フォードの初代「マスタング コンバーチブル」が当時世界一の高さを誇っていた米ニューヨークのエンパイアステート・ビルの86階にある展望台に登場したのは1965年のこと。そして今年4月、マスタングの生誕50周年を記念して、再び同じ場所に新型マスタング コンバーチブルが展示され話題となった。すでに世界一の称号は明け渡したものの、ニューヨークの象徴としてのエンパイアステート・ビルの存在感は今も健在で、この種の宣伝にはまさにうってつけの場所だった。
しかしフォードは今回、中東・アフリカ地区における新事業の発足を記念して、現在世界一を誇るドバイの超高層ビル、ブルジュ・ハリファで同じ離れ業に挑戦。2015年に発売予定の新型マスタング コンバーチブルを、同ビルの112階(地上399m)に運び込んでお披露目し、その模様をYouTubeを通じて世界中にライブ配信したのだ。このライブイベントは、ビル・フォード会長が黄色の2015年型マスタングに象徴的なポニーのバッジを届けることで締め括られた。

エンパイアステート・ビルと同様に、マスタングをブルジュ・ハリファの展望台まで運ぶことは至難の業だった。クルマを丸ごとエレベーターに乗せることができないので、一旦バラバラにして112階まで運び込み、現場で再び組み立て直したのだ。その作業の様子が収められたビデオを下に用意したので、早速ご覧いただこう。また、同イベントに関する詳細を知りたい方は、プレスリリース(英語)をどうぞ。


<関連動画はこちら>

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング