『マツダ タイタン』を一部改良、主要モデルは「平成27年度燃費基準+10%」達成

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月28日 23時0分

『マツダ タイタン』を一部改良、主要モデルは「平成27年度燃費基準+10%」達成


マツダは、『マツダ タイタン』を一部改良し、11月28日より販売を開始した。
今回の一部商品改良で、エンジン本体の改良、補機類の刷新といった新技術を採用し、重量車モード燃費を向上させ、全車「平成27年度燃費基準」「低排出ガス車」の認定を受けた。
主要モデルにおいては、新アイドリングストップ&スタートシステム「ecostop」を標準装備。「平成27年度燃費基準」を上回る「平成27年度燃費基準+10%」を達成。エコカー減税の対象となった。
改良の概要は、3.0Lディーゼルエンジンに低圧縮費化を行い新インジェクターを採用。積載状況や道路勾配を判断、自動的に馬力制御や加速度制御を行う「ECONOモード」をディーゼルMT車に追加。可変容量パワーステアリングポンプの採用や6速トランスミッションギアを見直し、燃費を向上等。
『マツダ タイタン』代表車型のメーカー希望小売価格(東京地区の一例:消費税込み)は、仕様DXスムーサーオートシフト、4,472,280円。仕様DX6MT、4,291,920円。

マツダ公式サイト

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング