【レポート】レゴ テクニックが耐久レースカーキットを発売(ビデオ付)

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年12月8日 15時0分

【レポート】レゴ テクニックが耐久レースカーキットを発売(ビデオ付)


今年のモータースポーツシーズンもほぼ終わりに近づき、長い冬がやってくる。そこで今回は、耐久レースファンがオフシーズンも楽しく過ごせること請け合いの、レゴのレースカーキットをご紹介しよう。
この、「レゴ テクニック」シリーズから発売される「24 Hours Race Car(24時間耐久レースカー)」は、特定のマシンがモデルになっているわけではなく、ル・マン24時間レースに参戦したトヨタ「TS040 HYBRID」やアウディ「R18 e-tron quattoro」などを寄せ集めたようなデザインになっている。近年のLMP1マシンに見られる垂直フィンはないものの、緑のボディカラーは数年前に登場した英Drayson Racing の「Lola B09 60」を少しだけ思わせる。パーツ数は全部で1,219個あり、完成させるのはなかなかの大仕事だ。とはいえ、ピストンが動くV8エンジン、ステアリング、独立式サスペンション、開閉可能なドアやエンジンカバーなど、魅力的なディテールが詰まっている。ちなみに、「レゴ クリエイター」シリーズから発売されているミニクーパーのパーツ数は1,077個、ファンがオリジナルで組み立てたコルベットは約1,500個だった。


レゴのファンサイト『The Brick Fan』によると、あいにく24時間耐久レースカーキットの発売は2015年に入ってからなので、今年のクリスマスプレゼントには間に合わないようだ。価格についても、正式な発表はまだない。

一足早くキットを入手したという人物が、YouTubeで組み立ての全工程を公開している。完成すると全長48㎝にもなるというスケール感を、早速ビデオでチェックしてみよう。


<関連動画はこちら>

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング