レーシングゲーム『Forza Horizon 2』で作る、マツダ「ロードスター」のデザインコンテストが開催

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年12月10日 15時0分

レーシングゲーム『Forza Horizon 2』で作る、マツダ「ロードスター」のデザインコンテストが開催



北米マツダは、マイクロソフトのゲーム機「Xbox」とタイアップし、ゲームの中で車体に施したデザインを競う"Livery Design Contest"を開催すると発表した。
このコンテストは、新型マツダ「MX-5ミアータ」(日本名:ロードスター)のプロモーションの一環で、レーシングゲーム『Forza Horizon 2』の中で使用される1994年型ミアータのカラーリングをデザインするというもの。Xbox 360あるいはXbox OneのマツダのページからXbox Liveへサインインすれば参加できる。エントリーはすでに受付中で、締め切りは米国東部標準時間の2015年1月4日23時59分(日本時間2015年1月5日13時59分)となっている。審査の基準はオリジナリティやデザインの美しさ、そして技術レベルとなっており、最大5名のセミファイナリストが選出される。

その後、1月26日から2月12日までの期間に一般投票が行われ、ファイナリストが5名から2名に絞られる。この選出された2名は米テキサス州オースティンで3月13日から22日に開催される、音楽や映画、インタラクティブなテクノロジーを組み合わせた大規模イベント「サウス・バイ・サウスウエスト」に招待され、そこで勝者が決定する。優勝者には55インチの曲面スクリーンテレビやオーディオシステムなど3,500ドル(約42万円)相当の賞品が用意されており、優勝者のデザインは、Forza Horizon 2のプレイヤー全員に無償で配布予定とのことだ。

Xbox Liveにはマツダのページもあり、2016年型ミアータの詳細を見ることができる。興味のある方は、下の関連ビデオとプレスリリース(英語)をチェックしてみよう。





By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング