ダイハツ、基本性能と燃費も向上した新型「ムーヴ」を発売!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年12月12日 21時0分

ダイハツ、基本性能と燃費も向上した新型「ムーヴ」を発売!


ダイハツは、フルモデルチェンジした軽乗用車「ムーヴ」を12月12日に発売。軽量高剛性ボディ骨格構造を採用するなど基本性能を大幅に高めた上、様々な先進装備が搭載されているという。



1995年に初代が発売されたダイハツの"スペース系軽乗用車"、ムーブもこれで6代目。今回のフルモデルチェンジで最も注目すべき点は、ダイハツが「フォースコントロール」と呼ぶ、外部からクルマにかかる力とクルマから外部へ伝える力をコントロールする技術によって、ドライバーが「運転が上手くなったと感じる」ほど、基本性能が大幅に向上したことだ。その核となるのが、軽量高剛性ボディ骨格構造「D モノコック」の採用。骨格の板厚を約1.5倍にして剛性を高め、骨格全体で力を受け止める構造は、振動を適度にいなし、操縦安定性と乗り心地を両立したという。また、フロント・フェンダーやバックドアまで外板を樹脂化するなどにより、ボディの重量は20kgほど軽量になっているそうだ。




このボディを支える「D サスペンション」は、前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング/後:トーションビーム式コイルスプリング(4WD車は3リンク式コイルスプリング)とお馴染みの型式だが、リアサスペンションとストラットの剛性アップ、ブッシュの特性見直し、コイルスプリングとアブソーバーの特性を最適化するなどの改良が施されているという。

エンジンは先代と基本的には同じ658cc直列3気筒「TOPAZ NEO」。自然吸気版が最高出力52ps/6,800rpm、最大トルク6.1kgm/5,200rpmを発生し、インタークーラー付きターボ版ではそれぞれ64ps/6,400rpmと9.4kgm/3,200rpmを発揮するというスペックもほぼ変わらないが、ターボ・エンジンにはDVTT(連続可変バルブタイミング機構)の追加や圧縮比が高められる(9.0から9.5へ)などの改良が施され、最大トルクの発生回転数が600rpm下がっている。車両重量は10kgほど増加しているものの、Cd値が約10%も低減したという空力性能の向上もあり、JC08モード燃費は自然吸気のFF車が従来の29km/Lから31km/Lに、ターボのFF車も25.2km/Lから27.4km/Lに改善。特にターボは宿敵スズキの「ワゴンRスティングレー」を凌ぎ、「クラストップ」を標榜する。トランスミッションはCVTのみ。全グレードにフルタイム4WDが設定されている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング