日産「セレナ」のデザインスタディモデルやNISMOバージョンを、"東京オートサロン 2015"に出展!!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年12月24日 6時30分

日産「セレナ」のデザインスタディモデルやNISMOバージョンを、"東京オートサロン 2015"に出展!!


日産は、関連会社のオーテックジャパン、ニスモとともに、2015年1月9日~11日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2015 with NAPAC」に、出展することを発表した。

画像は、「セレナ」をベースとした「Rider Advance Study」だ。先進性、スマート感、ダイナミックをテーマに、Riderが目指す新たな姿を探るデザインスタディモデルとなっている。

ライダーシリーズでは、その他「デイズ・ルークス」や「エルグランド」をベースにした車両が展示される予定だ。


国産で唯一のEVミニバンである「e-NV200」をベースにしたスタイリッシュなエクステリアと給電機能を搭載しユティリティ機能を高めた「e-NV200 Sports Utility Gear」も展示される。

商用バンをベースにしているせいか、なかなか乗用ユースでの普及が進んでいないNV200シリーズであるが、スタイリッシュで使いやすい機能が搭載されれば、もっと身近になるに違いない。
ニスモからは、画像の「フェアレディZ」の他、「GT-R」、「ジューク」、「ノート」、「マーチ」のニスモパーツ装着車両が展示される。

もちろん、エクステリアだけではなくインテリアや駆動系、サスペンション、ブレーキパーツなどもフル装着されているので、オーナーは必見だ。


また、2台のレーシングカーの展示も行われる。

ドイツツーリングカー選手権(DTM)とエンジン以外の車両規則を共通化した、2014年SUPER GT GT500クラス仕様の車両である「MOTUL AUTECH GT-R」(画像左)とFIA GT3規定に沿ってニスモが開発したカスタマー向けのレース専用車両の「NISSAN GT-R NISMO GT3」(画像右)だ。

会場では、ブース内にグッズ販売のコーナーが設置され、NISSANブランド、NISSAN GT-R等の車種ブランド、NISMOブランドのウェアや東京オートサロン限定のグッズ、ミニカー等の販売が行われる他、トークショーも予定されているので、日産車オーナーならずとも楽しめそうだ。


日産自動車株式会社 公式HP
http://www.nissan.co.jp/

関連フォトギャラリー


【PR】パーツの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

日産「セレナ」のデザインスタディモデルやNISMOバージョンを、"東京オートサロン 2015"に出展

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング