三菱「ランサーエボリューションX」のファイナルバージョン等を"東京オートサロン2015"に出展!!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年12月25日 15時30分

三菱「ランサーエボリューションX」のファイナルバージョン等を"東京オートサロン2015"に出展!!


三菱自動車は、2015年1月9日~11日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2015 with NAPAC」に、「ランサーエボリューションX」などのカスタムカーを4台、ラリーカーを1台出展することを発表した。

出展される「ランサーエボリューションX Final Concept」は、高性能4WDセダン、ランサーエボリューションXの最終進化型ストリートモデルだ。

5速マニュアルトランスミッションを搭載したGSRをベースとし、精悍さを引き立てるマットブラックのボディに、アクセントとしてルーフやリヤスポイラーなどを光沢のあるグロスブラックとしたほか、フロントグリルのフレームをダーククロームメッキとしている。また、インテリアでは、シートにレッドのステッチを採用し、よりスポーティに仕上げている。

性能面では、HKS製のスポーツタービン、吸排気系パーツ、燃料系パーツ、冷却系パーツ、ECUを採用し、HKSのチューニングノウハウを活かして最高出力480馬力を発揮する仕様に改良されている。

また、ハイパワー&ハイグリップを余すことなく引き出し、胸のすくようなドライブフィールを提供するHKS製車高調整式スポーツサスペンション「HIPERMAX MAX4 SP」も採用された。

アルミホイールは鍛造ワンピース工法で軽量・高剛性のRAYS製「VOLK RACING G25」、タイヤはレーシングテクノロジーを注ぎ込んだハイグリップのYOKOHAMA製「ADVAN NEOVA AD08R」を採用(いずれも19インチ)し、ランエボらしい走りをとことん追求している。



「デリカD:5 KEEN YELLOW」は、SUVテイストのミニバン「デリカD:5」とKEENのアウトドアシューズのアクティブなキャラクターが共鳴して実現したコラボレーションカーだ。

力強い動力性能と優れた燃費性能を併せ持つ2.2Lクリーン ディーゼルエンジン搭載の「D-Power Package」をベースとして、KEENのコーポレートカラーであるイエローにマットブラックを組み合わせたラッピングが施されている。

ボンネットとボディサイドにKEENのロゴをあしらい、ボディサイド後方には悪路を走り抜けた際に撥ね上げるしぶきを表現したアクティブでタフなデザインが採用されている。

また、フロントグリル、前後バンパーアンダーカバー、18インチアルミホイールをブラック塗装とすることで、ラッピングとのコーディネートも図られている。

インテリアでは、KEENのアウトドアシューズに使用している防水透湿素材「KEEN.DRY」を採用したシートカバーのほか、ALPINE製の9インチAV一体型メモリーナビゲーションを装着して、アウトドアアクティビティに最適な仕様に仕立てられている。

「eKスペース G-tone Style」は、軽スーパーハイトワゴンの「eKスペース」の快適装備が充実した"G"をベースとし、"Sexy&Cute"をコンセプトとしたクルマも洋服のようにお洒落に乗りこなしたい女性向けのカスタムカーだ。

エクステリアでは、ブラックマイカのボディにブラック/ホワイトの千鳥格子柄のルーフとし、ピンクのドアミラー、メッキドアハンドルカバーをワンポイントのアクセントとして装着。また、リヤコンビランプはヘッドランプとのコーディネートを図ったクリアレンズが採用され、おしゃれで、すっきりした印象に仕上げられている。

また、HKS製車高調整式サスペンションを装着してローダウンし、RAYS製16インチアルミホイール、DUNLOP製16インチタイヤを組み合わせ、足元を引き締めている。

インテリアでは、ブラック/アイボリーを基調とし、千鳥格子とピンクのアクセントを効かせ、さらにブラックのヌバック調ファブリックとアイボリーのスムース調合皮を組み合わせたシートカバーが採用され、上質感も演出されている。

「アウトランダーPHEV Sports Style Edition Concept-B」は、SUVタイプのプラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」のアーバンスタイリッシュモデルだ。

Concept-Bの「B」は、ボディカラーのBlackと、アウトランダーPHEVのカスタマイズによって引き出された新たな一面という意味のB面をかけてネーミングされている。(音楽用のカセットテープになじみのない読者のために補足するとカセットテープには表面をA面、裏面をB面と呼び、B面とは裏面のことを指している。)

特別仕様車「Sports Style Edition」をベースに、ボディカラーは都会の夜をイメージしたマットブラックとして、要所にダーククロームのアクセントカラーを配し、車体下、フロントグリル内、室内にはブルーのイルミネーションをあしらわれている。

また、フロントコーナーエクステンション、サイドシルエクステンション、リヤコーナーエクステンション、テールゲートスポイラー、シャークフィンアンテナ、エンジンフードエンブレム(いずれも純正用品)のほか、HKS製車高調整式サスペンション、RAYS製20インチアルミホイール、TOYO製20インチタイヤを装着して、スタイリッシュなエアロフォルムに仕上げられている。

インテリアではブラックの本革調シートカバーを採用。キルティングにより張りをもたせたシートカバーに、ブルーのパイピングをあしらうことで、イルミネーションとのコーディネートを図られている。


今回三菱ブース内で唯一展示されるラリーカーは、「アウトランダーPHEVアジアクロスカントリーラリー2014参戦車(T1-E仕様)」だ。

タイ~カンボジアを舞台として約2,000kmの過酷なオフロードコースで競われた国際自動車連盟(FIA)公認のアジアクロスカントリーラリー2014に電気自動車クラス(T1-E)で参戦したラリーカーだ。

悪路での走破性を高めるため、ラリー用のサスペンションとタイヤを装着し、駆動用バッテリーの搭載部を加工して地上高をアップさせたうえで、車両運動統合制御システムS-AWCの制御を変更し、旋回性能とトラクション性能を高めている。

また、プラグインハイブリッドEVシステムはラリー特有の連続高負荷走行に対応するため積極的に発電する制御に変更し、駆動用バッテリーに電力を蓄えながら走行し、強大な駆動力を必要とする泥濘路などでは極低速から瞬間的に大トルクが立ち上がるモーターの利点を最大限に活用することで卓越した走破性を発揮している。

内外装では、ボンネット、リヤゲート、内装部品を軽量化したほか、バケットシート、6点式シートベルト、ロールケージを装着。また、川渡りに備えて各部のシーリング強化やシュノーケル(吸気用ダクト)装着などの防水対策が施されている。

今回の展示では、全部で5台の展示となり、全車を見ることが出来ないが、まだまだ三菱車のカスタマイズパーツは少ないだけに、この機会に最新のカスタマイズパーツをチェックするのが良いだろう。


三菱自動車株式会社 公式HP
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

関連フォトギャラリー


【PR】パーツの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

三菱「ランサーエボリューションX」のファイナルバージョン等を"東京オートサロン2015"に出展

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング