【試乗記】アウディのクワトロモデルの面白さを凝縮した1台『Audi S1』

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年12月31日 19時0分

【試乗記】アウディのクワトロモデルの面白さを凝縮した1台『Audi S1』



飛び切りのSモデルが登場した。S1/S1スポーツバックが登場したのだ。アウディのエントリーモデルともいえるコンパクトカーA1がベースなのだが、中身はベツモノ。可愛らしい外観に強烈なパフォーマンスを秘めた正統派Sモデルに仕上がっている。
実はA1が発売になった時、Sモデルが登場する可能性はとても薄いだろうと考えていた。Sモデルの駆動方式はクワトロであることが暗黙の約束事。しかしながらA1のリヤサスペンションは、トーションビーム式の固定式(非独立タイプ)。クワトロを作るためには、リヤサスを独立式にしなくてはならない。理屈では強引にリジッドサスのまま4WDにできないことはないのだろうが、モダンな4WDにするためにはやはり、独立式サスペンションは必須。しかし、姉妹車ポロに4モーション(4WD)の設定でもしない限り、リヤサスペンション形式を変更するほど大がかりな改造はちょっと考えられない。
サスペンションを作り直すためには相当のコストがかかる。当然それをペイしなくてはならないのだから、S1を作るためだけにリヤサスを作り直すだろうか?
そう考えていたのだ。
ところが、作ってしまったのだ。リヤサスを4リンクタイプの独立式に変更し、サスペンション取り付け部回りに補強を施し、さらにフロントサスペンションのピポットベアリングの位置まで変更している。
ピポットベアリングの位置変更は、フロントサスペンションのロールセンターの位置をリヤサスの変更に合わせて整える為だろう。



そして、搭載されるエンジンは2L直噴ターボ(TFSI)に換装。最高出力231ps/7600rpm,最大トルク37・6kgm/1600-3000rpmを発揮する。
このエンジンは、単純な直噴ではなくポート内噴射(通常の噴射方式)も併用したもので、中負荷領域のみ作動する。さらに吸気側60度、排気側30度の範囲でバルブタイミングを変更することが可能。加えて排気側に可変バルブリフトコントロール機構も備えている。最高出力自体はさほど強力ではないが、制御の精緻さ、緻密さは世界トップレベルといえる。



組み合わされるトランスミッションは6速MT。ちなみにS1に組み合わされるトランスミッションは6速マニュアルトランスミッションのみで、これは世界共通。



パフォーマンスアップに合わせてブレーキも強化されている。ブレーキローターはフロントが310mmφのベンチレ―テッドディスク、リヤが272mmφのソリッドディスクとしマスターシリンダーの拡大やブレーキブースターのチューニングも施されている。

Autoblog JP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング