筒香斬りの“大魔神”佐々木「やっぱ雰囲気ありました」

ベースボールキング / 2017年11月23日 21時47分

取材に応じる佐々木(左)と筒香(右)

 横浜スタジアムの改修を記念した特別試合「ハマスタレジェンドマッチ」が11月23日(祝・木)に行われ、横浜大洋ホエールズ時代に活躍した往年の名選手を中心とする『TEAM YOKOHAMA』と、1998年にセ・リーグ優勝&日本一を達成した横浜ベイスターズの選手を中心とした『TEAM 1998』が対戦。

 試合終盤まで『TEAM YOKOHAMA』がリードする展開も、『TEAM 1998』が最終回に2点を加えて逆転。最後は“大魔神”佐々木主浩が“ハマの主砲”筒香嘉智を二ゴロに打ち取り、『TEAM 1998』が3-2で勝利した。

 一球で二ゴロに打ち取られた筒香は「プロ野球選手になってこんなにオーラがある人は初めて。マウンドで見たことないような威圧感があった」と恐縮。一方、二死1・3塁という状況で筒香を迎えた佐々木氏は、「ダメでしょ(笑)。同点の場面で一打逆転もあって少し緊張した。マウンド上がってみたときにやっぱ雰囲気ありましたよ」と、侍ジャパンの4番を務める主砲との対戦を振り返った。

 また、今年惜しくも日本一を逃したDeNAには「若いチームが良い経験をし、相当悔しい思いをしたと思う。その悔しい思いを来年晴らしてほしい」とコメント。20年ぶりの優勝を目指すチームにエールを送った。

ベースボールキング

トピックスRSS

ランキング