里崎氏、岡本に適時打を浴びた阪神バッテリーの配球に疑問

ベースボールキング / 2019年4月3日 8時0分

1回、巨人に先制されマウンドに集まる阪神ナイン=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES

 2日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた里崎智也氏は、3回に巨人・岡本に2点適時打を打たれた阪神バッテリーに苦言を呈した。

 0-2の3回一死一、二塁で岡本を迎えた場面、阪神先発・ガルシア、捕手・梅野隆太郎のバッテリーは簡単に2ストライクと追い込む。しかし、0ボール2ストライクから投じた5球目のチェンジアップがワイルドピッチとなり、一塁走者、二塁走者とそれぞれ進塁を許してしまう。

 続く6球目ストレートを選択した阪神バッテリーは岡本に2点適時打を浴びた。この配球に里崎氏は「打つ打たれるより今の配球が好きじゃないんですよ。それはなぜかというと、(前の球が)ワイルドピッチになりましたけど、ワイルドピッチでランナーが進塁して、二、三塁になった。バッターは普通に考えたらストレートを待ちませんか?」と指摘。

 「そこは打たれる打たれないより、変化球でいくべきじゃないのと思うんですよね。ワイルドピッチになった球だったら、バッテリーが不安あるんじゃないかなと思って、ストレートを投げたがると自分がバッターだったら思わないのかなと思うんですよね」と阪神バッテリーの配球に疑問に感じたようだった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング