野村弘樹氏が語った燕・清水が一軍で“勝つため”に必要なこと

ベースボールキング / 2019年7月12日 8時0分

ヤクルトのドラフト1位・清水昇

● イースタン 1 - 5 ウエスタン ○
<楽天生命パーク>

 11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター フレッシュオールスターゲーム イースタン・リーグ選抜-ウエスタン・リーグ選抜』で解説を務めた野村弘樹氏が、イースタン選抜の5番手で登板したヤクルト・清水昇について言及した。

 0-3の6回から登板した清水は、簡単に二死としたが、根本(オリックス)の一直を一塁・西川(西武)が捕球できず出塁を許す。続く佐野にレフトへ二塁打を浴び、二、三塁とピンチを招くと、石橋にレフトへ2点適時打を打たれた。

 野村弘樹氏は清水について「ひとつひとつの球種は素晴らしくて良いのですが、上で勝っていくためには精度ですよね。同じストレート、スライダーでもどこにどれだけ投げられるか、その確率をあげていかないと。甘いボールとボールになるボールがはっきりしていると、打たれるケースが増えていきますよね」と指摘。

 また、野村氏は清水が石橋に適時打を浴びた後に「こういうこところだと思うんですよ。いくらフレッシュオールスターでも、抑えていかなければいけない部分があると思うんですよ。少しボールが中に入ったりしているんですよね。入り球も含め、精度をあげていくと勝てるピッチャーになっていくと思います」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング