巨人・若林、痛かった初回の走塁ミス 江本氏「判断が…」

ベースボールキング / 2019年7月17日 21時52分

ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏

○ ヤクルト 5 - 4 巨人 ●
<14回戦・神宮>

 巨人の若林晃弘が初回、痛い走塁ミスをしてしまった。

 『1番・二塁』で先発出場した若林は初回、ヤクルトの先発・山田大樹のストレートをセンター前にはじき返し出塁。しかし、続く坂本勇人がライト頭上に放った打球を、ライト・山崎晃大朗にジャンピングキャッチされると、一塁走者の若林は戻れずダブルプレー。原辰徳がリクエストを要求するも、判定は覆らなかった。

 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、「若林は判断が間違っていましたよね。セカンド回るときに、右中間ですから(ライトが)見えている。1回見てからでも間に合う。今のは走塁ミスですよね。いきたいという気持ちもわかるんですけどね」と解説した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング