うなじを見せて彼をドキッとさせる!カンタン浴衣ヘア

Daily Beauty Navi / 2014年6月30日 9時0分

写真

花火や夏祭りの季節。せっかくなら浴衣でキメて、ヘアアレンジも楽しみたいところ。サロンにいかずに自分でアレンジできる方法が知りたい! そんなあなたにオススメの、自分でできる簡単ヘアアレンジをご紹介します。

ロングヘアの浴衣ヘアアレンジ

片方の襟足に髪をまとめて、左側にきつくねじります。前髪を横に流す場合は、流した方と反対側にまとめるのがコツ。
左手でねじった毛束を掴んだまま、右手にかんざしを持ちます。ねじった毛束の根もとから指2~3本分のところに、かんざしを通します。
かんざしを右に90度回転させて(毛束がぎゅっとさらに締め上がるのが分かるはず)、そのまま左手の毛束をかんざしに巻きつけます。
かんざしの先を地肌に押しつけ、そのまま右に180度程度回転させながら締め上げます。
かんざしを根もとまで斜めに差し込めば完成!
毛先はそのままでも、逆毛を立ててもOK。自由にアレンジできます。 ミディアム&ショートヘアの方は... ミディアムヘアのポイント

自分ではなかなかまとめにくいミディアムの方は、サイドの髪の毛を下ろして襟足を上げれば、簡単に浴衣アレンジが完成します。

まとめきれない襟足の毛は、ねじってピンで留めること。ねじることで、髪の毛がピンから落ちにくくなります。 サイドの下ろした毛がパサついているとキレイに見えないので、ワックスを使って束感を出すこと。 ショートヘアのポイント

ショートの方は、アシンメトリーなスタイリングがおすすめ。コサージュを上手くつければ、浴衣仕様に早変わり!

前髪を流す場合...流した毛先と反対側の髪を耳にかけて、コサージュなどの髪飾りを耳の上につけてみて。 前髪を下ろす場合...両方のサイドを耳に掛けて、飾りをどちらか片サイドにつけましょう。小ぶりのコサージュを色違いで複数つけると動きが出て、かわいい印象に!

このコサージュは、100円ショップで買った造花をUピンにつけただけ! 浴衣の柄に合わせて花の色を選んでみてください。 

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング