理想のボディを作るのも、肌を整えるのも、月のリズムを活用してみよう

Daily Beauty Navi / 2014年7月4日 9時0分

写真

地球にとって、たった一つしかない月。私たちは地球のどこにいても、同じ月を眺めています。そのせいか、古今東西の月に関する伝承やイメージには、共通点があります。それは、月のサイクルは大きく4つに分けられ、それぞれに違う意味合いを持っているということです。

以前にもご紹介しましたが、ここでもう一度おさらいしましょう。

新月(1日目)

テーマは「始まり」。直感に従って、新しいことにチャレンジを。

満ちていく月(2~14日目頃)

テーマは「活力」。自分に自信を持って、積極的に行動するのが◎。

満月(15日目頃)

テーマは「癒し」。自分と向き合い、目標を見直すタイミング。

欠けていく月(16~30日目頃)

テーマは「沈静」。新しいサイクルに向けて、生活環境や心身のメンテナンスを。

今のステージは「満ちていく月」。次の満月(7月12日)にむかって、月の光が日に日に増していくように、私たちの体と心も生きいきとしてきます。

体を動かすのに適しているので、ランニングやエクササイズに励めば理想のボディに近づけそう。また、体は口にするものから作られますから、旬の食材などを意識して摂ることで、内側からキレイを目指すのも◎。

肌に関しては、美容液やシートマスクなどで、水分や栄養をたっぷりと与えてあげて。うるおいで満たし続ければ、満月を迎える頃に月のように輝く素肌が手に入るかも!

ボディメイキングにしてもスキンケアにしても、毎日同じことの繰り返しでは、飽きてしまうことだってありますよね。しかし、自分が理想とする美しさを手に入れるために、日々の努力は必要なこと。ならば、飽きずに続ける工夫が必要です。

その工夫の一つとして、月のリズムを活用して、「美活」にメリハリを利かせてみましょう。4つのステージを意識すれば、新しいメソッドを試すタイミングや、力を注ぐべき方向などが自然にわかるようになり、毎日のお手入れがぐっと楽しくなるはずです。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング