花火大会前に予習!彼をドキッとさせる大人の浴衣メイク術

Daily Beauty Navi / 2014年7月14日 9時0分

写真

着るだけで色気がアップする浴衣は、夏デートの必須アイテム。せっかく浴衣を着るのなら、メイクだって浴衣仕様にチェンジしなくちゃ! そこで今回は、彼をドキッとさせる大人の浴衣メイクのコツを、資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト鎌田由美子さんに伺いました。

浴衣メイクのポイント

メイクの色を浴衣や帯と同系色でまとめると、統一感のあるすっきりした印象になり、逆に浴衣と違う系統の色を取り入れると、顔を引き立てる効果が。肌・目もと・口もとのパーツごとにチェックしましょう。

汗や皮脂を抑えて涼しげ肌に 汗や皮脂でメイクが崩れてしまっては、せっかくの浴衣姿も台無し。皮脂を抑える効果がある化粧下地やファンデーションを選んで、崩れにくいベースを作ります。最後にルースパウダーをのせると、つやを残しつつ崩れにくさもアップするのでおすすめです。 横顔美人になれるアイメイク 明るめのアイブローパウダーで少し太めで直線的に眉を描き、目もとは、ゴールドとピンクのアイシャドウで顔の印象を明るく引き立てます。目尻はブラウンのアイシャドウで立体感を出し、アイライナーで更に引きしめ、横から見ても完璧な美人顔を意識。最後にマスカラを根もとにたっぷりつけ、ボリューム感と長さを出すことも忘れずに。涙袋には、パールベージュのアイライナーを入れると明るさと愛らしさがアップしますよ。 帯締めとのカラーリンクで統一感を出す リップは帯締めの色と同系色のものを選ぶのがおすすめ。目もとがヌーディなので、口もとに色味を持ってくるとバランスがよくなります。また、みずみずしいグロスルージュを使うと、つややかな色っぽさがプラスされて魅力的な唇に。

控えめだけどほんのり色っぽい。この絶妙なラインが大人の浴衣メイクを成功させるポイント。浴衣デートの際は、ぜひ試してみて♪

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング