タイムリミットは「48時間」!飲み過ぎた日のリセットテク

Daily Beauty Navi / 2014年9月8日 9時0分

写真

料理やお酒が美味しく感じるこの季節、ついつい飲み過ぎてしまう日ってありますよね。仕事の付き合いや友人など、とことん飲みに付き合った翌日は「飲み過ぎた~!」「食べ過ぎた~!!」と落ち込む女子も多いのでは? 今日はそんなピンチを乗り切るコツをご紹介します。
『あなたは半年前に食べたものでできている』(サンマーク出版)の著者で、食欲コンサルタントの村山 彩さんによると、食べたものが体の脂肪に変わるのは、食べてから約48時間と言われていて、その間に食べ過ぎや飲み過ぎをリセットできる方法があるのだとか。そう、落ち込むのはまだ早いんです!

食べ過ぎ、飲み過ぎのリセットで重要になってくるのが、食物繊維が豊富で栄養価の高い野菜たち。野菜は本来、米や肉、魚を食べた時に、体内で栄養素を吸収しやすくするためのサポーター的な役割をする食材ですが、お肉や魚を食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎたりした翌日は積極的にとりましょう。村山さんによると、特にオススメの方法は、以下の3つ。

ごぼうやブロッコリーなど、食物繊維を中心とした栄養価の高い野菜をたっぷりとる
脂肪の代謝を助けるビタミンB群が含まれる納豆や卵、きのこを食べる
飲み過ぎて食欲がない場合は、グリーンスムージーで、疲れきった肝臓や胃腸を癒やして

いかがでしたか? 運動やダイエット中に飲み会に誘われても「48時間でリセットできる!」と思えば、楽しく食事ができそう♪ ぜひ今日から取り入れてみましょう!

Beauty & Co. プレスでは、食欲コンサルタントの村山 彩さんによる「外食の時に役立つ、キレイをキープする食事術」を紹介しています。あわせてチェックしてみてくださいね♪

【関連記事】飲み会続きだってこわくない!「太らない外食」のコツ(Beauty & Co. プレス)

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング