ランニングブームが止まらない! 東京のランがオシャレに進化中

Daily Beauty Navi / 2014年10月22日 9時0分

写真

1000万人を突破したといわれる日本のランニング人口。2020年の東京オリンピック開催が決定したこともあり、東京のランニングのメッカである皇居外周は、日に日に賑わいを増しています!

皇居ランナーにとって拠点となるのが、ランニングステーションと呼ばれる施設。更衣室、シャワールーム等を完備した施設で、皇居周辺だけで数十カ所。このランニングステーションが今、オシャレに、機能的に進化しています。

その最先端をいくのが、神田錦町にある「10 over 9」。ランニングステーションとしての設備だけでなく、健康的な「食」や「くつろぎ」のスペースも提供する融合施設。併設の「鹿屋アスリート食堂」では、スポーツ栄養学に基づいたメニューを提供。レシートには注文したメニューの栄養素やカロリーが記載され、その日の食事の栄養構成を把握することができます。さらに屋上の「ROOF NOP」では、爽やかな空の下でビールやシャンパンを飲みながらランニング後の疲れを癒すことも!

有楽町にある「BEAMS & WINDS ステーション ゴルフ&ランニング」は、セレクトショップのビームスがプロデュースするスポーツ施設。東京メトロ有楽町駅直結という利便性の高さが魅力で、清潔感のある施設で快適なランニングを楽しむことができます。オシャレな空間はBEAMSならでは!

代々木の「NOHARA BY MIZUNO」は、スポーツメーカー・ミズノの公式ランニングステーション。ショップ、カフェ、ロッカールーム、スタジオの4つで構成され、ショップではランナーの足型や関節の柔軟性、走法などを専門スタッフが検証し、最適なランニングシューズを提案してくれる「プリシジョンフィット」のサービスも!

このように、東京にはこれまでの枠にとらわれない新しい形の施設がどんどん登場しています。ランニングに親しんでいる人はもちろん、体を動かしてないという人も、足を運んでみればきっと興味が沸いてくるはず!

写真提供元:10over9

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング