スタイリストが教える、和装ヘアメイクで失敗しないコツとは?

Daily Beauty Navi / 2014年12月27日 9時0分

写真

年末年始は、一年の中でも着物を着る機会が増える時季。着付けはプロに任せるとしても、ヘアメイクは自分で...という人も多いはず。でも、和装のときは、それにふさわしいヘアメイクが必要です。資生堂ビューティーサルーン 八芳園店のチーフスタイリスト、上野霞さんが和装にふさわしいヘアメイクのポイントを教えてくれました!

メイクのポイントはマットな質感

少し意外に思うかもしれませんが、和装のときは、キラキラとしたつやのあるメイクよりも、マットな質感に仕上げた方が、着物に映えて上品さがぐっと増すそう。上野さんによると、目もとと口もとの両方にポイントを作ると、さらに華やかに見えるそう!

アイライン...すっきりと切れ長に描く
マスカラ...目尻側に多めに塗り、ボリュームを出す
リップ...リップライナーで縁取り、唇の輪郭を際立たせる

アイメイクはアイシャドウの色や質感で印象を強くするよりも、アイライン+まつげで「切れ長アイ」に仕上げましょう。眉は、トレンドの薄太眉にすると、目もとの印象がより強調されるのでオススメですよ♪

ヘアスタイルは首もとが美しく見えるかがポイント!

上野さんによると、和装のときは首もとが美しく見えるようにセットするのがポイントだそう。アップスタイルにするときは、まとめる位置により印象が異なります。位置が高めであれば若々しく元気な印象に、低めであればしっとり大人な雰囲気になります。後頭部にボリュームを持たせると、着物に負けない存在感が出せます。近頃は、ダウンヘアに仕上げるスタイルも人気がありますね。その場合は片側に寄せてまとめると、首がすっきりと見え、着こなしの美しさを際立たせることができるのでオススメ。ショートヘアの人は、ヘアアクセなどで華やかさをプラスすると良いでしょう♪

ネイルはピンクやベージュで指先をすらりと見せる

ヘアスタイルやメイクも悩んでしまうけれど、和装のときのネイルアートはどうすれば良いの? という疑問もありますよね。着物を着るときは、やはり、華美なネイルアートをするよりも、ピンクやベージュのワンカラーで仕上げたシンプルネイルの方が、指先がすらりと長く見えるのでオススメです。3Dアートなどをつけている場合は、着物を傷つけないよう慎重に振る舞いましょう。

いかがでしたか? 素敵なヘアメイクで、あなたの「着物DAY」を楽しんでくださいね♡

【関連記事】
・ ウザい伸ばしかけ前髪も速攻キュート♥簡単前髪アレンジ術
・ 着物で歌舞伎鑑賞 女性らしい所作が学べるチャンス

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング