年齢は首でバレる!-5歳若く見えるネックケア

Daily Beauty Navi / 2014年11月11日 15時0分

写真

顔はメイクで若々しく演出できても、いつもすっぴんな首は、年齢がダイレクトに出るパーツ。言いかえると、首にハリや弾力があれば見た目より若く見せることが可能ということ! そんな見た目年齢を左右する首もとを「ピンッ!」とハリ肌に導く方法をご紹介します。

現代人は首の老化が早い!? 毎日のケアが急務!

首は顔の約2倍の汗腺があり、乾燥しにくくべたつきやすいパーツ。一方で皮ふが薄く顔に比べて無防備なため、紫外線や外気の影響を受けやすく、しわやたるみのサインが現れやすいパーツです。
中でも現代人が注意するべき、首が老けて見える原因の多くは、じつは生活習慣にあるのです。以下のような習慣がある人は、首にしわやたるみができやすいタイプ。早めのネックケアをオススメします!

PCやスマホ使用で顔を下に向けることが多い
高さのある枕を使っている
大口を開けて笑ったり、話をすることが少ない
若々しい首もとを作るマッサージのやり方

親指以外の4本指を使って、首の中央から外側へ指を密着させるようにしながら大きな円を描きます。左右交互に3回ずつ繰り返しましょう。

手のひら全体で下から上に向けて、さすり上げます。左右各6回ずつ行いましょう。
(POINT:心臓より上にある首は、下から上へと重力に逆らった方向へマッサージすることで血行促進&たるみの予防になります)

最後に首を両手のひらで包み込むようにし、下から上に向かって3回に分けて、ゆっくりと左右4本の指で押します。

いかがでしたか? クリームを使ってマッサージするのもオススメです。皮ふが薄い首は、しわやたるみが習慣化されやすいパーツ。そして一度できてしまうと戻りにくい部分でもあります。今日からは「首までが顔」だと思って、ぜひ毎日のスキンケアに取り入れてみてくださいね。

【関連記事】
・アラサー女子は要注意!「上まぶたのたるみ」が老け顔の原因?
・メイク前の1分マッサージで「お疲れ顔」に即バイバイ!

Photo:Thinkstock,Rei Nakamura
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング