コンビニおでんで美活。キレイに効く具はコレ!

Daily Beauty Navi / 2014年12月5日 15時0分

写真

忙しい年末、仕事で帰宅が遅くなり、きちんと食事が摂れない人も多いはず。そんな時に便利なのがコンビニですよね。この季節、美を意識する人にコンビニでぜひチョイスしてもらいたいのがおでんです。

おでんの具は、野菜や練り物、肉に卵などさまざま。もともとヘルシーな食べ物なので、「好きな具を好きなだけ」でももちろんいいのですが、じつは選ぶ具によって、それぞれに美容効果を期待できるのです。今回は、管理栄養士がオススメする、目的別おでんの具の選び方をご紹介します。

免疫力UPなら

大根...食物繊維が豊富。免疫力をアップしてくれるというビタミンA、ビタミンC、酵素を含みます。ビタミンCと酵素は熱で失活してしまうので効果は減少しますが、食物繊維とビタミンAなどが補給できるのでオススメです。

食物繊維を摂りたいなら

昆布...海藻でビタミン・ミネラルが豊富。とくに便秘解消に効果が期待できる水溶性食物繊維が多く、健康と美容の強い味方です。

こんにゃく・しらたき...食物繊維でお腹のお掃除をしてくれるので、便秘解消にも◎最後に食べると、食べたものをスルッと出すお手伝いをしてくれます。

シミが気になるときは...

じゃがいも...炭水化物の他に、風邪予防やシミの原因になるメラニンの生成を抑えてくれるビタミンCが入っています。じゃがいものビタミンCは加熱しても壊れにくいことも特徴! また、むくみ対策に効果的なカリウムも入っているのでオススメです。

美肌効果に期待するなら

厚揚げ...大豆の栄養、ビタミンB群やE、女性ホルモンのような働きをするイソフラボンも摂れるのでオススメ。揚げてあるので食べ過ぎに注意しましょう。

番外編

おでんの汁には水溶性のビタミンやミネラルが溶けているので飲んでもOKです。ただし全部飲み干すと塩分の摂り過ぎになるので、半分は残しましょう。

具はバランスよく選ぶのが美への近道!

目的別におでんの具を紹介しましたが、そればかりを食べればいい、という訳ではありません。そもそも、美容にはバランスの良い食事が大切。 ちくわぶなど、炭水化物が多いものを1種、たまごなど、タンパク質が多いものを2種、その他をいくつか、など偏りなく選ぶようにすれば、ヘルシーでバランスの良いおでん定食のでき上がりです。ぜひ、コンビニおでんを活用して美活しちゃいましょう。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング