二日酔いやむくみにはコレ!スパイシーなハーブティーで脱むくみ!

Daily Beauty Navi / 2014年12月26日 9時0分

写真

年末年始は忘年会や大晦日のカウントダウン、新年会など、イベントが目白押し。ごちそうをいただいたり、お酒を飲んだりする機会が多い時期です。味付けの濃い料理をたらふく食べて、おいしいお酒をたくさん飲んで...。楽しんだ翌朝起きてみると、目が腫れぼったい、手の指やふくらはぎがパンパン、身体が重くてなんだかすっきりしない、なんてことも少なくないはず。

こんなふうに、余分な水分が体内にたまってしまったことで引き起こされた顔や手足のむくみには、「ジュニパーベリー」のティーがオススメです。

ジュニパーベリーは、ジンの香りづけに使用されることで有名なヒノキ科の果実。また、スパイスとして、ドレッシングやマリネなどを作るときにコショウの代役にもなるハーブです。利尿作用にすぐれ、老廃物の排出を促すといわれているので、二日酔いのときや、むくみが気になるときに、ティーにして飲むと効果的です。

ティーをいれるときには、乾燥させた実を使います。硬くて丸い実をスプーンなどで軽くつぶしてから熱湯を注ぐと、ヒノキのような爽やかでスパイシーな香りがします。口にふくむと微かに甘みを感じ、すっきりとした後味が特徴です。

塩分のとり過ぎや飲み過ぎによるむくみは一時的なものとはいえ、やはりテンションが下がるもの。そのまま放っておくと、「水太り」にもなりかねません。体調も気分もスッキリと、楽しい年末年始を過ごすために、ハーブの力を借りて、こまめにリセットしましょう。

※ 妊娠中や授乳中の方、腎臓に疾患のある方は、ジュニパーベリーの使用をお控えください。

【関連記事】
・ ビタミンCがレモンの40倍!食べられるお茶とは?
・ グレース・ケリーも愛飲していた!?「夜明けのハーブティー」で気品溢れる美を!

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング