書くことで思いを込める…「万年筆」の魅力

Daily Beauty Navi / 2014年3月19日 11時0分

写真

パソコンや携帯電話などの普及により、文字を書くのではなく、打ちこむことが多くなっている昨今。そんな今だからこそ、実際に自分の手で文字を「書く」ことで自分のつづる言葉に思いを込めたり、重みを持たせたりすることに新鮮な気持ちを抱けることがあるのかもしれません。

 そこでおすすめしたいのが「万年筆」。特別な気持ちを持つという意味では、万年筆の右に出る筆記用具はないのでは? ふだん使うボールペンなどとは違う魅力があるものです。

 万年筆にはペン先の太さ、柔らかさ、そして軸の重さやバランスなど、一本一本にちょっとした違いがあります。自分が書いてぴったりとくる書き味のものを探すことが、万年筆選びの最初の一歩です。そしてそれが、一つ目に挙げられる万年筆の楽しみと言えるでしょう。

 加えて、自由にインクを変えられるということもポイント。万年筆にインクを入れる方法は2つありますが、カートリッジを装着する「カートリッジ式」と直接びんからインクを吸入させる「コンバーター式」です。「カートリッジ式」はインクの色が限られてしまいますが、「コンバーター式」にすればさまざまなメーカーから発売されているインクを試すことができます。また、自分でインクを調合しオリジナルのインクを作ることも可能なんだとか。お気に入りの1色を探してみるのもいいですよね。

 もちろん、万年筆のデザインもさまざま。万年筆の世界にはコレクターもおり、芸術性の高い品もあります。専門のショップでその意匠を眺めるだけでも楽しいかもしれません。

 大切な人に手紙を書く、人生の節目に何かをしたためるときなど、特別な日に使いたい万年筆。万年筆とともに手で書くことの楽しさや大切さを再発見してみては?

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング