太い脚、大きいお尻…お悩み体形別 美脚に見えるスカートスタイルの選び方

Daily Beauty Navi / 2014年1月31日 11時0分

写真

「自分の体型に合っているか」ということは、おしゃれを楽しむうえで、とても重要なカギになるもの。最も女性らしいアイテムである「スカート」も例外ではありません。体形別のスカートの選び方をファッション誌で活躍するスタイリスト、松島紀子さんに聞いてみました。

 松島さんによれば、日本人女性の体型の悩みで多いのが、“脚が太い”“お尻が大きい”だそう。今回はこれに加えて、“背が低い”“背が高い”という特徴別に、スカートの選び方を紹介してくれるとのこと。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.脚が太い
脚が太い人、とくにふくらはぎが張っている人は、スカート丈に気をつけましょう。裾がちょうどふくらはぎの位置にくるようなスカートは、脚がさらに太く見えてしまいます。なぜなら、一般的に人はひざよりもふくらはぎのほうが太いもの。そのため、他人から見るとふくらはぎの太さが脚全体の太さとイコールになってしまうからです。あえてもう少し短めにし、ひざ頭が見えるくらいのスカート丈にしましょう。

2.お尻が大きい
お尻が大きく、下半身が張っている人は、フレアスカートでお尻のラインをカバーするシルエットを選ぶか、ローライズでくびれとの差を目立たなくするようなものがおすすめです。丈は太ももが出ていると太さが強調されるので、あまり短くないほうがいいと思います。トレンドのサーキュラースカートも、ヒップまわりを隠してくれるので、よく似合うと思います。

3.背が低い
小柄な人は、断然ミニ丈がおすすめです。少しでも縦長効果を狙って背を高く見せたいので、下半身はすっきりと演出するようにしましょう。反対に、トップや首まわりにはボリュームを持ってきて重心を上にするとバランスよく見えます。

4.背が高い
トレンドのペンシルスカートがよく似合いますね。背が高い人は、ひざ上5センチくらいがいちばん美脚に見える丈です。ベーシックなデザインのスカートで、このラインがキープできる長さのスカートを持っていると、デイリーの着こなしに活躍しますよ。

 スカートの丈やシルエットは、脚の見え方も違ってくるので、デザイン以上に重要な要素かもしれませんね。今度スカートを購入するときは、今回紹介した選び方のコツを参考にしてみてください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング