「バレンタインデーに恋のはじまりを期待する」男性は7割弱 その本音は…

Daily Beauty Navi / 2014年2月12日 11時0分

写真

みなさんは今年のバレンタインデー、好きな人に思いを伝えますか?

 婚活アプリを運営・開発する「マッチアラーム」が、今年1月に独身男女3343名にバレンタインデーに関する調査を実施したところ、「バレンタインデーに恋のはじまりを期待しますか?」の質問に、「期待する」と答えたのは男性66.8%、女性52.9%でした。男女ともに半数以上が、恋のはじまりのきっかけとしてバレンタインデーを意識しているのですね。

 とくに、男性の7割近くが「期待する」と答えているこの結果を、少し意外に思う人もいるかもしれません。そこで、まわりの独身男性に、気になる本音を聞いてみました。まずは、「期待する」派の意見から。実体験に基づいたエピソード付きです。

「今の彼女と友だちだったころ、バレンタインデーに映画に誘われたことがあります。この日に2人でデートということは、好意を持ってくれているということがさすがにわかって。僕は、かなり鈍いところがあるのでよい機会でした」(20代不動産)

「会社で、あまり話したことのない他部署の女性からチョコレートをもらったんです。義理チョコをもらう間柄でもなかったのでちょっと驚いたのですが、少なくとも嫌われてはいないということですよね。それからは、こちらからも積極的に話しかけるようになりました。こういうサプライズは大歓迎」(30代出版)

 反対に、「期待しない」という人は、どんな考えを持っているのでしょう?

「男性ばかりの職場で、そもそも女性との接点が少ないんです。バレンタインデーは恋人同士のイベントじゃないですか? 個人的に、社会人になってからは、とくにふだんと変わりのない日ですね」(30代IT)

「ほとんどが義理チョコじゃないのかな? 女の子同士で贈り合っているぐらいだし、最近のバレンタインデーの恋愛色って薄まっているように感じます」(20代ライター)

 たとえ恋愛色が薄まっていようと、バレンタインデーはあくまで女性主導の特別な1日。恋につながるきっかけにしたい場合には、相手の男性にタイプや状況を考慮して、彼の心に思いがしっかり届く方法を考えたいものですね。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング