リフレッシュ効果も オフィスで楽しむ「デスクトップハーブ」

Daily Beauty Navi / 2014年3月1日 11時0分

写真

観賞用に、料理にと、自宅でハーブを育てている女性は多いことでしょう。この春は自宅だけでなく、オフィスのデスクにもハーブを取り入れてみませんか? 名付けて「デスクトップハーブ」。仕事の合間に、見て、香りを楽しむことで、リフレッシュに役立つはずですよ。

 デスクトップハーブに向いているのは、土を使わず、水に差し木をして増やせるもの。たとえば、すっきりとした香りで集中力を高めてくれるローズマリー、レモンに似た爽快な香りで緊張をやわらげてくれるレモンバーム、清々しい香りで気持ちを落ち着けてくれるペパーミントなどがおすすめです。

 花器に使うのは、フラワーベースはもちろん、グラスやマグカップのほか、試験管のようなグラスチューブなどでもOK。場所をとらずに飾れるものが便利かもしれませんね。

 栽培のポイントは、水をきれいに保つこと。朝、出社したときに水を換える習慣をつければ、気持ちの切り替えにもなって、さわやかな気分で仕事を始められそうです。

 また、日の光を当てることも大切です。デスクに日が当たらない場合は、窓辺など日当りのいい場所に移動する時間を作りましょう。ただし、直射日光には当たらないように注意して。

 日に当てていても元気がなくなってきたら、ハーブ用の液体肥料を水に入れます。液体肥料は薄めて使うものがほとんどなので、使用量を確認してくださいね。

 デスクトップハーブは観賞用のほか、リフレッシュタイムのお茶に添えるのもいいですね。ストレスやプレッシャーが高まったときには、ウェットティッシュなどに葉を挟んで香りを移し、耳の後ろや首回りなどを拭いてみると、リラックス効果も期待できますよ。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング