足のむくみは靴が原因? 美脚の秘けつは「自分に合った靴選び」から

Daily Beauty Navi / 2014年3月19日 11時0分

写真

キュッと引き締まった足は女性の憧れ。しかし、デスクワークで一日中机に向かっていたり、夜もシャワーだけで足の疲れがとれずに就寝したりすると、あっという間に足はむくんでしまいます。職業柄立ち仕事が多い人は、もっと大変ですよね?

 みなさんは、足がむくむのはなぜか知っていますか? 足は心臓から遠い位置にあり、血液の流れが悪くなりやすい部分。血行が悪くなると、老廃物や水分がたまりやすくなってしまうのです。

 足はただでさえむくみやすい部分ですが、「足に合わない靴」を履くことで、さらにむくみが進行してしまうのだとか。たとえば、きつい靴を履いていると、足を締めつけてしまうため血流が悪くなり、足が重たくなってしまいます。一方で、ゆるい靴でも、足が靴にきちんと収まりきっていないため、余計な力が入ってしまいます。結果、足が緊張してしまい、むくみの原因になってしまうのです。

 また、いくら見た目がかわいいからといって、ヒールの高い靴を履きつづけるのもおすすめしません。慣れない靴、合わない靴を無理に履くと、体に負担がかかってしまい、足首や骨盤が歪むことがあるのだそうです。

 では自分に合った靴を探すにはどうしたらよいのでしょうか? ひとつ目のポイントは、靴を買うときは午前中ではなく、夕方以降に購入するということ。ほとんどの人は、夜のほうが足がむくみやすくなっています。もしも午前中にぴったりのサイズの靴を買ってしまうと、夕方には足が痛くなってしまうことがあるのです。

 また、履いてみて足が痛いと感じるものもNG。革の靴の場合、いずれ伸びてくると思って我慢して履いている人もいるかと思いますが、自分のサイズになじむ間に、足がむくんでしまいどんどん太くなってしまうということも考えられます。

 美脚の秘けつは「自分に合った靴選び」から。セール品など安さの魅力に負けて、合わない靴を買ってしまうと、あとで大変なことになるかも。くれぐれも、無理して身体に負荷がかかるような靴は選ばないようにしましょう。

Beauty& Co.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング