顔悩みオール解決!? 骨格矯正レベルのシェーディング術はやらなきゃ損!

Daily Beauty Navi / 2014年3月26日 11時0分

写真

小顔に見せたい、エラが気になる、リフトアップしたい! など、顔のシルエットに関する悩みはつきないもの。でも、これを読んでいるあなた、もう心配いりません。シェーディングを上手に入れれば、パーツを引き立たせながら顔の悩みを解消できちゃうんです。今回はチークやフェイスカラーを使って、立体小顔を作るコツをご紹介します!

初心者でも失敗しない色選びのコツとは?

「シェーディング」と聞くと、ハードルが高く思いがちですが、実は手持ちのチークやフェースカラーで簡単にできるんです。重要なのは色選び"。できるだけ肌に近い、やや濃いめのオレンジやブラウン系を選べば、付けたときに自然に陰影ができるので使いやすいですよ。

立体小顔の作り方

大きめブラシを使って、こめかみの下あたりから頬骨に沿って、「く」の字になるようにチーク、またはフェイスカラーを入れる。

(POINT:頬骨の下に陰影をつけるイメージで行おう。ブラシは、ふんわりぼかせる大きめタイプがオススメ)

この方法で、外側に陰影が出来るので、気になるエラや頬の張りはシャープな印象になり目立たなくなります。さらに、頬はキュッと上がったように見え、リフトアップ効果も! 全体的には立体感が出て引き締った印象になるので、小顔に見せたい人にもオススメ、とまさに良いことづくめのテクなんです♪

顔悩みをカバーするシェーディングは、少しの量で効果絶大なので、ナチュラルに入れるのがポイント。顔が引き締まるとパーツが際立ってメリハリが出るので、ぜひ試してみてくださいね!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング