医師が実践20kg減! ウエスト-14cm! 『湯通しキャベツダイエット』

美容最新ニュース / 2019年9月6日 10時15分

リュウジ氏の湯通しキャベツレシピも食前に湯通ししたキャベツを食べるだけでやせられるという新刊『お医者さんが成功した! 湯通しキャベツダイエット』が発売された。著者は日本アレルギー学会専門医で、日本呼吸器学会専門医、寺師医院院長の寺師義典氏で、料理研究家のリュウジ氏によるレシピも掲載されている。

同書はA4判で79ページ、880円(税別)の価格で宝島社から「TJ MOOK」として発売中である。

湯通しキャベツでズボラダイエット食物繊維を多く含むキャベツ。食前にキャベツを食べることで血糖値の急上昇を抑制し、やせようというのがキャベツダイエットである。しかし、生のキャベツは多くの量を食べることが難しく、調理のバリエーションも少ないため飽きやすく続けることは難しい。

新刊『お医者さんが成功した! 湯通しキャベツダイエット』では、食前に湯通ししたキャベツを食べる方法を紹介。湯通しキャベツなので咀嚼しやすく、量をたくさん食べることができ、味が浸透しやすい状態なので、美味しくダイエットを続けることが可能となっている。

医師で著者の寺師義典氏は、自らこの方法を実践し、3か月で体重90kgが70kgに、ウエスト97cmが83cmになり、血糖値も正常になったという。また、患者も実践。同書には「寺師流ダラダラ ユルユル体操」や、リュウジ氏の「やみつき 湯通し無限キャベツの神レシピ」も掲載されている。

(画像はAmazon.co.jpより)


【参考】
※お医者さんが成功した! 湯通しキャベツダイエット - 宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル
https://tkj.jp/book/?cd=TD297099&path=&s1=

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング