粉ふき肌対策に ハーバーより全身用美容液ミルクが発売

美容最新ニュース / 2020年7月20日 18時15分

全身の保湿に使える美容液株式会社ハーバー研究所は、乾燥や粉ふき肌荒れ対策に、全身用美容液『薬用うるおいセラミドミルク』を2020年9月23日(水)より、数量限定で発売する。

秋から冬にかけて、暖房や湿度の低下による肌の乾燥が始まり、そこに衣服のすれなどが加わって、冬のボディは一年のうちで最も乾燥する。そこに、バリア機能が低下してかゆみが生じ、かさかさの肌をかくことでさらに肌荒れを起こす、という悪循環に陥ってしまう。

『薬用うるおいセラミドミルク』は、冬の頑固な乾燥肌をしっかりケアするために作られた、全身用美容液である。

ヒト型セラミド成分配合で水分を強力にキープ薬用うるおいセラミドミルクには、有効成分グリチルリチン酸ジカリウムや、肌の水分をキープするヒト型セラミド、乾燥や肌荒れから肌を守るトレハロース、天然皮膜形成成分のカラギーナン、保湿成分のヒアルロン酸やスクワラン、厚くなりがちな角質層に働きかけるビタミンA・Eが配合。

角質層のすみずみまでうるおいを届けてしっかりと保水することで、“粉ふき”肌を協力にサポートして、気になるダメージをケアする。肌にスッとなじむのびのよいテクスチャーで、使い続けるほどに、乾燥や刺激に強いなめらかな肌に整えてくれる。

『薬用うるおいセラミドミルク』は、200mlで2200円(税別)。通信販売および全国のショップハーバーにて、数量限定で発売の予定だ。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社ハーバー研究所 プレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/218631

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング