今、海外セレブはコンブチャに夢中!

美容最新ニュース / 2015年9月5日 18時0分

コンブチャの正体2015年9月4日、サニーヘルス株式会社は自社で展開しているダイエット情報発信サイト「microdiet.net」において新しい調査レポートを公開。

今回公開されたレポートは「コンブチャがダイエット美容ドリンクでセレブに大人気!」。この「コンブチャ」とは実は「昆布茶」ではないのだ。海外セレブが虜になっている「コンブチャ」の正体はいわゆる「紅茶キノコ」のことを指している。

「紅茶キノコ」とはモンゴル原産の発酵茶。紅茶や緑茶に砂糖と菌の塊を加え、約2週間発酵させるとできあがる。昭和50年頃の日本で大流行し、お茶に加える菌の塊がキノコに見えることから「紅茶キノコ」と呼ばれていた。

日本では懐かしい存在の「紅茶キノコ」にミランダ・カーやアメリカのセレブ達が今や夢中。これは日本でも再ブレイクの予感だ。

疲れにくく太りにくい体質へ紅茶キノコは菌塊の見た目がグロテスクであるものの、味はりんご酢のような爽やかな酸味があり微炭酸。冷やして飲むとより美味しい飲み物だ。

今、アメリカで市販されているコンブチャは更に飲みやすいように改良されている。果物フレーバーがつけられているものや、お茶だけでなく果物や野菜、ハーブなどを発酵させた酵素ドリンクのようなコンブチャまで様々な種類が存在。

コンブチャの主成分は酢酸。酢酸は体内に入るとクエン酸に変化し、エネルギー産生を担う。酢酸を摂ることで体内のクエン酸サイクルが潤滑になり、エネルギーが効率よく消費され疲れにくく太りにくい体質になると言われている。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
・サニーヘルス株式会社 プレスリリース(PR TIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000315.000001593.html

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング