涙ぐましい努力と裏技、自撮りの裏側大公開

美容最新ニュース / 2015年9月6日 18時0分

加工アプリ必須!自撮りの秘密株式会社マンダムは、仕事を持つ20代~30代の女性を対象にした「セルフィー(自撮り)」に関するアンケート調査を実施。SNSの普及によっていっそう身近になった自撮りだが、そこには女性たちの努力やこだわりが潜んでいることが明らかになった。

マンダムの調査によれば、回答者のうち74%に自撮り経験があり、その6割以上が写真に加工を行ったという。加工した部分としては、20代・30代共に「肌色(美白)」がトップ。「写真を一箇所しか加工できないとしたら?」という質問でも、「肌色の補正を行いたい」とする声が最も多かった。

30代女性の回答で興味深いのは、加工経験のある部分として「背景」という答えが多かった点。面積の広い背景部分をデコレートすることで写真全体のイメージアップを図る他、人物以外に目を向けさせる意図があるのでは、とマンダムは予想している。

意外?!自撮りとキャラクターの関係性またこの調査では、「自撮りユーザー」のうち2人に1人が、キャラクターグッズを写真に写り込ませていることが明らかになった。これには「好きなキャラクターと写真を撮りたい」、「キャラクターと一緒だとテンションが上がる」という気持ちと、かわいいキャラクターを使うことで「いい印象を与えそう」と、写真自体の印象を良くする意図があるのだそう。

撮る角度や使用するアプリでより美しくみえる自撮りを模索すると同時に、キャラクターや背景の力を借りる細やかな裏技を使ってこそ、より「いいね!」される写真になるのだろう。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
・マンダム プレスリリース(PR TIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000006496.html

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング