この秋、渋谷からカラコン業界に革命が起きる

美容最新ニュース / 2015年9月7日 18時0分

カラコンは百貨店で買う時代9月4日(金)東京都渋谷区の西武渋谷店1階に、アイメイクに特化した新コスメブランド『DAZZSHOP(ダズショップ)』がオープンした。主力商品となるカラーコンタクトレンズ(カラコン)を百貨店で販売するのは、同店舗が国内初。

店舗には、高度管理医療機器営業所管理者および同資格要件を満たした販売スタッフが在籍。スタッフと直接対話をしながら実際にカラコンを試着することもでき、安心して選択・購入ができるようになっている。

また、iPadにて顔写真を撮影し装着時のイメージを体験する「バーチャル試着」や、カラコンとコスメを組み合わせたアイメイク法を提示する「メイクカード」など斬新な演出で、年齢や国境を越えた美しい目元作りをサポートする。

旬なアイメイクも試せるメイクカードは、話題の女優水原希子や小松菜奈らを担当するメイクアップアーティスト・吉田佳奈子氏が監修。シンプルなメイクからトレンドを取り入れたメイクまで、8パターンのメイクを提案している。このメイクカードを店舗スタッフに伝えると、15分ほどで希望のメイクをタッチアップしてもらうことも可能だ。

『DAZZSHOP』を運営する株式会社エステティクスは、「目元の印象を変えることで美しさの可能性が広がる」とし、

同じ指紋を持つ人がいないように“目”は世界でたった一つ。一人ひとりの目の個性と、その美しさを引き出すアイメイクを提案します。(プレスリリースより)

と、目元に特化した同ブランドの強みを語っている。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
・株式会社エステティクス プレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/72691

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング