戦後、米国で養子に…父が語れなかった幼少期「子どものケアが不十分なのは今も」日本で映画製作

弁護士ドットコムニュース / 2019年9月4日 9時40分

写真

関連画像

現在製作中の映画『ぼくのこわれないコンパス』は、児童養護施設で育った青年トモヤの成長を、6年にわたり記録したドキュメンタリーだ。指揮を執るのは本作が初監督作品となるアメリカ人映像作家、マット・ミラー氏。本作に込める思いについて話を聞いた。(エッセイスト・紫原明子)

マットの父は第二次世界大戦後、日本人の母と、アメリカ人の父との間に、日本で生まれた。事情によりしばらく孤児院で暮らしていたが、のちに養子となりアメリカに渡った。

マットはそんな父のルーツを探るべく2006年に来日。現在にいたるまで、実に30以上もの児童養護施設に足を運んだ。その中で、一つの大きな問題を感じたのだという。

「現在、日本の児童養護施設で暮らす子どもたちの半数以上は、親からの虐待やネグレクトといった不適切養育を受けた経験があることがわかっています。にも関わらず、彼らが負った心の傷に対するケアが十分とは言えません。

心の傷は目に見えないので、子どもたちが身の危険のある日常から離れ、一時保護所や施設など安全な場所で暮らせるようになれば、一旦は安心に思えるかもしれません。しかし、トラウマやPTSDのような過去の心の傷は、結婚や離婚、大事な人の死など、その後の長い人生の中で起きる何らかの転機が引き金となって、思わぬ形で本人に影響することがあるのです。

ですから、できるだけ早いうちに、カウンセリングやセラピーを受けさせるなどして、きちんとケアされるべきです」

●10歳の時、米国で養子となった父

マットがこうした思いを持つようになった背景には、学生時代に味わった自身のつらい体験がある。

「私が16歳の頃、母が心臓発作で亡くなりました。それをきっかけに、私の父が固く心を閉ざしてしまったのです。日々塞ぎ込むばかりで、息子たちの世話をやくことも、経営していた会社を気にかけることもしなくなりました。その結果、父の会社は倒産し、私達一家は収入も、住む家も、すべてを失いました」

マットの父が養子として日本からアメリカに渡ったのは、10歳の頃だったという。ただでさえ多感な時期に、見知った大人が誰一人いない、それどころか、言葉さえ通じない場所での生活を突如として余儀なくされる。そんな体験が、父の心に大きな影響を及ぼしたことは言うまでもない。

生前のマットの母も、寡黙で、自分の気持ちを一切話そうとしない父に、カウンセリングを受けてはどうかと度々勧めていたという。ところが父は、その必要はないと、決して首を縦に振らなかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング