一流ホテルの「メニュー虚偽表示」 わざと偽装していたら「詐欺罪」になる?

弁護士ドットコムニュース / 2013年12月4日 12時10分

写真

関連画像

この秋、大きな波紋を呼んだ「メニューの虚偽表示」問題。全国各地の有名ホテルが運営する高級レストランで、メニューの食材の虚偽表示がおこなわれていたことが、あいついで発覚した。その後、食材の虚偽表示は百貨店にも飛び火し、多くの企業の社長が記者会見で謝罪する事態に追い込まれた。

きっかけは、六甲山ホテルや宝塚ホテルなどを経営する阪急阪神ホテルズが、トビウオの魚卵を「レッドキャビア」(マスの魚卵)と表示するなどの「メニューの誤表示」があったと、10月下旬に発表したことだ。ただ、同社の出崎弘社長は客の信頼を裏切ったことについて謝罪しつつも、「故意に欺く意図はなかった」と述べ、意図的な偽装ではなかったと強調した。

他のホテルや百貨店も同様に「偽装ではなく誤表示だった」と主張している。だが、これだけ多くのホテルのレストランで起きているメニューの虚偽表示のすべてが、チェックの甘さや知識の不足による「ミス」だったとは考えにくい。なかには、客を欺いていることを認識していながら、わざとメニューを「偽装」していたケースもあるのではないか。

もしそうだとしたら、客をだまして代金を受け取っていたのだから、詐欺罪になるのではないだろうか。元東京地検特捜部検事で刑事事件にくわしい岡田功弁護士に聞いた。

●ウソをつけば常に「詐欺罪」になるわけではない

「近ごろ報道されているような事例は、景品表示防止法でいう『不当表示』にあたるとは言えるでしょう。しかし、『詐欺罪にあたるか?』と質問されれば、『詐欺罪にあたる場合もあれば、あたらない場合もある』という答えになってしまいます」

岡田弁護士は、このように話す。なぜなのだろうか。くわしく説明してもらおう。

「詐欺罪は、被害者の側から見た場合、『相手に言われたウソが本当だと信じたからこそ、お金を渡したのだ。もし、ウソだと分かっていれば、お金を渡さなかった』という場合に成立する犯罪です。

たとえばAさんが、1週間後に全額を返済する条件で、Bさんから10万円を借りたとします。もし、Aさんが10万円をそのまま踏み倒すつもりで借りたなら、これは明らかに詐欺罪にあたります。Aさんの本心を、Bさんが知っていれば、10万円を貸すことはないからです」

これは、「寸借詐欺」という典型的な詐欺らしい。

「では、Cさんが借金をする際、『母親が病気で入院費がかかる』とウソをつき、Dさんの同情を引いてお金を借りていたらどうでしょう。ただし、Cさんはお金はきちんと期日に返すつもりで、返すあてもあったとします。この場合は詐欺罪にあたるのでしょうか?」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング