蛇行運転、トラック前で急減速…「あおり行為」を威力業務妨害で立件できるのか?

弁護士ドットコムニュース / 2019年9月30日 10時5分

写真

関連画像

茨城県の常磐自動車道で起きた「あおり運転殴打」事件で、傷害などの疑いで逮捕された40代男性について、静岡県警が威力業務妨害の疑いでの立件を視野に入れて、捜査していると報じられている。

共同通信などによると、男性は今年6月、静岡県浜松市の新東名高速でも、蛇行運転や車線変更などを繰り返して、トラックの前に入って急に減速した。トラックが男性の車にぶつかって、男性と同乗していた女性が軽いケガを負ったという。

トラックの運転手は当時、運転業務中だったという。威力業務妨害であおり行為を立件するのはめずらしいということだ。和氣良浩弁護士に聞いた。

●業務中のトラックだったので適用できる

――威力業務妨害の適用は問題ないのか?

これまで警察は、「あおり行為」に対して、道路交通法の車間距離保持義務違反や、刑法の暴行罪を適用してきました。

また、死傷事案については、危険運転致死傷罪(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律)を適用しています。

したがって、たしかにあおり行為を威力業務妨害罪で立件することは、めずらしいといえます。

ただし、今回、あおり行為の被害者であるトラックの運転手が運送業務中であったことからすれば、あおり行為によって、その業務を妨害したとして威力業務妨害罪で立件したとしても、特に問題があるとはいえません。

――そもそも威力業務妨害はどんな罪か?

威力業務妨害罪は刑法に定められており、「威力を用いて人の業務を妨害した者」に適用されます(同234条)。保護法益は、業務活動そのもので、職業としての経済活動がその典型例です。

トラックの運転手の業務は、トラックを走らせて荷物を運ぶことですから、あおり運転行為によって運送中のトラックを停止させることは業務の妨害にあたります。

また、「威力」とは、人の意思を制圧するに足りる勢力を示すことをいいますが、今回のように、トラックに対して蛇行運転や幅寄せ、車線変更などを繰り返したうえでトラックの前に入って、急に減速した行為は人の意思を制圧するに足りるものとして威力にあたります。

したがって、今回のケースで被疑者は、「威力を用いて人の業務を妨害した者」といえますので、威力業務妨害罪で立件することに問題はないわけです。

しかし、威力業務妨害罪の保護法益は業務活動そのものですので、あおり運転行為が人の生命・身体を危険にさらすことに着目して立件するわけではありません。また、一般のドライバーの運転行為は業務ではありませんから、仮に一般のドライバーが被害者だった場合には、威力業務妨害罪は適用できません。

●「早急な法整備が必要だ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング