スマホを買うとき「オプション加入」させられた!強引な販売手法に法的問題はないの?

弁護士ドットコムニュース / 2013年12月20日 12時45分

写真

関連画像

「実質0円」「iPhone 0円」などのうたい文句に魅かれ、販売店でスマートフォン(スマホ)を購入したところ、使うつもりのない「オプション」サービスに加入させられた——。そんな経験がある人は少なくないだろう。

全国の消費生活センターには、こうした販売手法に反発する消費者からの声が多数寄せられているという。販売店には「オプション加入は必須です」「つけなければ端末料金が上がります」「無料期間中に解約すればお金はかかりません」などと説明されたが、自分が何を申し込んだのか、どんなサービスなのか、解約はどうしたら良いのかなどは、結局あいまいなまま……というのが、典型的なケースのようだ。

こうしたオプションサービスは最初は無料だが、しばらく経つと利用料を請求されるものが多く、オプションサービスを利用もしていないのに料金を支払い続けているケースも少なくないようだ。こうした販売手法に問題はないのだろうか。西田広一弁護士に聞いた。

●オプション加入問題の背景にある「支援金」

「販売店は、スマホ・携帯電話の契約をする際、必ずといっていいほど、『オプションサービス』への加入を迫ってきます。

その理由は、こうしたオプションの加入率に応じて、携帯電話会社から販売店に対して、支援金(報酬)が支払われるからです。

販売店側は『すぐに解約すればよい』などと言って加入を勧めますが、実際には解約手続に手間がかかるため、本来は不要なオプション利用料金を支払い続けてしまうことが少なくありません」

販売店側がしつこくオプションを勧める背景には、こういった事情もあるようだ。オプションを断ることはできないのだろうか?

「これらはあくまでオプション(付属)なので、付けずにスマートフォンを購入することは可能です。しかし、販売店はしばしば、オプション加入を『本体価格0円』などの割引を利用するための条件にしていますので、その場合には他の割引を諦めることになります」

これが、よくある《スマホを「実質0円」で購入するためには、様々なオプションに加入しなければならない》という状況だ。こうした販売手法に法的問題はないのだろうか。

●「景品表示法違反」となる可能性もありうる

「もし、そうした条件がきちんと表示されていなければ、問題となり得ます。

たとえば、実際にはオプション加入を条件としながら、それを明記しないで「実質0円」というような表示をした場合、景品表示法4条1項2号の有利誤認に該当し、違法となるでしょう」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング