指原莉乃さん「芸能人の悪口書いちゃった人いる?」 衝撃の返信、法的リスクも

弁護士ドットコムニュース / 2020年3月7日 9時41分

写真

関連画像

タレントの指原莉乃さんが3月5日、インスタグラムのストーリーで「芸能人の悪口書いちゃって訴えられたらやばいって過去ある人いますか?」と質問を投稿。そこに寄せられた衝撃の返信が、話題となっています。

●「本当にゾッとしました」

指原さんによると、7割くらいの人から「ない」と返信がきたとのこと。ただ、その中に「サッシーが●●のマンションに住んでるって書いたことあるw」(●●は指原さんがスタンプで伏字化)という返信がありました。

指原さんはストーリーで、その投稿を引用しながら「気持ち悪いですね。アカウント控えました」、「震えて眠るんやろなあ 人生いろいろ」とコメントしています。

翌日6日には、自身のツイッターで「最近ネットニュースで話題になっていて、書類送検までされているという事があり、どんな人がどんな気持ちで書き込んでいるのか興味があった」と質問を募集した意図を説明。

返信で書かれたマンションについて、指原さんは「本当にむかーし住んでた地域でした!そしてよくここに住んでるって書かれてたの」と話します。

その書き込みが理由で当時引っ越したこともあったといい、「本当にゾッとしました。あの時の不安だった日々の答え合わせが今更できたようですごく気持ち悪かったです」と打ち明けています。

また、その返信を寄せたアカウントが、いわゆる「裏アカウント」ではなく、名前や子どもの顔を載せているアカウントであったことも、指原さんにさらなる衝撃を与えたようです。

そのツイートに対し、ファンからは「(書き込んだ人が)悪びれず言えるのすごい」、「胸が痛いですね」など指原さんを気遣う言葉が寄せられています。

人を誹謗中傷したり、プライバシー情報をネット上に書き込んだりすると、民事裁判を起こされ賠償金を支払うこともありますが、ときには犯罪になることも。最近では、タレントの川崎希さんを中傷する書き込みをしたとして、警視庁が女性2人を侮辱容疑で書類送検しています。

一体どのような書き込みをすると、法的な問題が生じるのでしょうか。インターネットの法律にくわしい清水陽平弁護士に聞きました。

●インターネットは「完全な匿名」ではない?

ーー指原さんの元には「SNSは匿名なのにバレちゃうんですか?」という声も寄せられているそうです。実際はどうなんでしょうか。

SNSを匿名で利用している方は多いのではないかと思います。しかし、SNSに投稿している内容や、やり取りをしている内容から、どこの誰かということが分かってしまう例は少なからずあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング