「わたしの裸はわたしのもの」 元AV女優・大塚咲さんが提訴「引退後もアダルトグッズに無断で写真使われた」

弁護士ドットコムニュース / 2020年4月5日 9時30分

写真

関連画像

元AV女優で、写真家・アーティストの大塚咲さんがことし3月、アダルトグッズメーカーを相手取り、計460万円の損害賠償を求める訴えを起こした。

大塚さんは2004年、AV女優デビューして、2012年に引退した。現在は、当時の女優名のままに写真家・アーティストとして活動している。

ところが、引退から7年経った2019年、自分の女優名を冠して現役時代の写真を使ったアダルトグッズが、無断で販売されたことに気づいたのだ。(ライター・玖保樹鈴)

●「一度脱いだら自己責任」はおかしい

「これまでAVに出演した人の権利は、引退後うやむやにされてきました。でも、『一度脱いでいるんだし裸に慣れてるのだから、何が起きても自己責任』というのはおかしいと思います」(大塚さん)

大塚さんは2019年6月、SNS上で、「大塚咲」の名と写真を使用したアダルトグッズの「新作」が複数発売されていることを知った。

そのころ大塚さんは、過去に出演した作品の削除を求めて、「AV人権倫理機構」への申請をすすめている最中だった。当時、引退して7年も経つのに「新作」が発売された、というつぶやきを目にして「全身の力が抜け、涙が出た」と語っていた。

使用された写真は、現役時代に別のグッズに使用するために撮影されたものだった。しかし、今回発売された2つのグッズと、別の女優とのコラボ商品に使用を許可した覚えはまったくない。

このことから大塚さんは代理人(弁護士)経由で、グッズメーカーに対して、販売を差し止めるよう警告した。

グッズメーカー側は、2019年7月31日までに販売を中止することを約束して、同年末までに2つの商品の販売は終了した。しかし、うち1つは2020年3月時点でも通販サイトで注文可能だったことから、今回の提訴に踏み切った。

「まず言っておきたいのは、私はAVに出ていたことを『黒歴史』と思っていないことです。だから、こんなふうに商売に利用されつづけることがなければ、過去の作品を消したいとも思いませんでした。

引退して3年が経った2015年ごろまでは、オムニバス作品やグッズもメーカー側に権利があるだろうと容認していました。でも、もう引退して8年が経ちます。このままいくと、半永久的に『新作』を出されるのではと恐怖を感じます。生身の人間なのに私の存在を無視して、まるでモノのように扱われていることに怒りもあります。

せめて事前に相談してほしかった。もう私の名前で商品を作らないでほしいけれど、どうしても出したいなら、事前に相談することもできたはず。それをせずに無断で発売したことに怒りを感じています」(大塚さん)

●「大塚咲」を取り戻すためにヌードを撮っている

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング