大麻は薬物依存の入口か? 「大麻合法化」の是非について弁護士たちに聞いてみた

弁護士ドットコムニュース / 2014年1月27日 20時33分

写真

関連画像

アメリカ・コロラド州で今年1月から、21歳以上の成人に対して、大麻を嗜好品として販売することが解禁された。医療用以外で合法化されるのは、全米で初めてだという。大麻の栽培・販売などを許可制で管理し、課税して財源とする狙いがあるようだ。

アメリカではコロラド、ワシントン両州ですでに、2012年におこなわれた住民投票で、「大麻の私的使用」が合法化されていた。ワシントン州でも、今夏ごろに販売解禁となる見通しだという。しかし一方で、大麻による健康被害を危惧する声もあがっている。

日本では現在、大麻取締法によって、取り扱い免許を受けた人以外は大麻の所持・栽培などが規制されているが、「日本も大麻を合法化すべきだ」という意見も根強い。インターネット投票サイト「ゼゼヒヒ」が「大麻の合法化についてどう思う?」というアンケートを実施したところ、回答した374人のうち約8割にあたる291人が「合法化してもいい」と答えている(2014年1月27日20時現在)。

はたして、日本も大麻の所持・栽培などを合法化すべきなのだろうか。弁護士ドットコムに登録している弁護士に意見を聞いた。

●「覚醒剤や麻薬への依存の入口になる」という意見が大勢を占める

弁護士ドットコムでは、「大麻の合法化」について、以下の3つの選択肢から回答を選んでもらった。弁護士27人から回答が寄せられたが、次のように<大麻所持・栽培などの「合法化」に反対>とする意見が最も多くなった。

(1)大麻所持・栽培などの「合法化」に賛成   →5人

(2)大麻所持・栽培などの「合法化」に反対   →16人

(3)どちらともいえない   →6人

このように、回答した弁護士のうち、約6割にあたる16人が<大麻所持・栽培などの「合法化」に反対>と答えた。次のような意見が見られた。

「大麻は、それ自体ではそれほどの中毒性がないのかもしれませんが、薬物に対する規範意識を鈍らせ、覚醒剤や麻薬への依存の入口になってしまうケースが多いように思います。刑事事件でも、そのような前科の流れを目にします」(秋山直人弁護士)

「大麻の使用は、人体への有害性が低いことや、身体的な依存性が低いことから、容認すべきという考えもありますが、他のより有害性の強い薬物への入口となることが多く、また、精神的な依存性が非常に強いといわれています。薬物の使用は、病院で使用する医薬品も含めて慎重に用いるべきであり、病院で使用する医薬品のような厳しいチェックを経ていない大麻をあえて合法化することは、健康被害を拡大するだけではないかと考えます」(岩間誠弁護士)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング