法と仏の教えで「俗世の苦しみ」に向き合う  僧籍を持つ本間久雄弁護士の生き方

弁護士ドットコムニュース / 2020年7月5日 9時20分

写真

関連画像

困っている人たちの話に耳を傾け、解決へと導く。僧侶と弁護士は案外、似ている存在なのかもしれない。そう思わせるのが、弁護士で僧侶という「二足のわらじ」をはく本間久雄弁護士だ。

実家は都内のお寺。東大法学部から慶應大ローススクールを経て、弁護士になった。「次男で実家を継がなくても良いので、好きにやらせてもらってます」と柔和な語り口で話すが、幼いころから慣れ親しんできた仏教への道も諦めず、ロースクール時代に修行して正式に僧侶となった。

現在は、2つの立場を活かして、お寺が抱える法的問題に取り組み、弁護士ドットコムニュースの法律解説や、仏教専門の雑誌『月刊住職』で法律相談の連載も担当する。さらに仏教系大学の監事もつとめ、「将来的には若い僧侶や学生たちに法教育をしていきたい」と願う。

そんな本間弁護士は、法曹界と仏教界をどのようにつないでいこうとしているのだろうか。(弁護士ドットコムニュース編集部・猪谷千香)

●実はお寺に多い法的トラブル

江戸時代から続く、都内のお寺に生まれた。「小さいころからお経とか仏教の本とかに囲まれて育ちました」という。しかし、高校生のときに選んだ進路は、仏教系の大学や学部ではなく、東大法学部だった。

「そのころから、弁護士になりたいなあと思っていました。次男でお寺を継ぐ予定はありませんでしたので、1人でできる仕事を…ということで、法学部に行って司法試験を受けようかなと考えていました」

さまざまな進路がある中、なぜ弁護士を選んだのだろうか。意外にも、お寺と法律は近しい距離にあったようだ。

「私の実家や、周りのお寺を見ていますと、いわゆる世俗のことに疎い方が多いです。たとえば、お寺は古くから土地を貸すなどをしてきましたが、借地権で法的なトラブルを抱えているところは少なくありません。

また、お寺には檀家さんから人生相談を受けることがありますが、その中には法律的な問題が持ち込まれるケースがあります。

もしも弁護士になれば、困っているお寺や檀家さんのトラブルを解決したり、あるいは、未然に防いだりできるだろうという思いから、司法試験を志しました」

本間弁護士の勉強法の秘訣は、早起きだ。実家がお寺だったため、朝日とともに起きて勉強をする習慣がついていたという。

「早起きしたほうが、集中力も上がります」という。勉強法は、いわゆる「基本書」を複数冊読むスタイル。「普通は1冊を何回も繰り返せとよく言われますが、私の場合は複数冊読んで理解を深めたり、問題演習をやったり。インプットとアウトプットを意識しながら勉強していました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング