「子どものためにやり直す」別居も解消したのに、不倫は続いていた。夫への制裁は?

弁護士ドットコムニュース / 2020年8月2日 9時47分

写真

関連画像

別居を解消しても、不倫は続いていたーー。子育て情報サイト「ママスタ」の掲示板に、夫の不倫に悩む女性の投稿(http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=3608489)がありました

女性は夫から「子どものためにやり直す」と言われ、10カ月におよんだ別居を解消。しかし、結局別居中から今に至るまで、夫は不倫相手の女性との関係が切れていませんでした。

二人が交わしたメッセージは「昨日は一緒にいれて嬉しかった」「淋しいね」といったもので、「一時でも信じようとした自分が馬鹿を見ました」と嘆いています。

女性は離婚を切り出したものの、夫は「子どもの為と考える気はないのか?」と逆ギレ。女性は「子どものため、生活のためと割り切るしかないのでしょうか」と悩み続けているようです。

「制裁をあたえればいい」「受け入れるか離婚するかのどちらかしかないって」。女性の投稿に対して様々なコメントが寄せられていますが、果たして離婚はできるのでしょうか。鳥生尚美弁護士に聞きました。

●離婚以外の選択肢も

ーー女性は夫と離婚できるのでしょうか

夫と交際相手の女性との不貞行為の証拠がある場合は、夫が離婚を了承しなかったとしても、訴訟によって裁判離婚することができます。

他方、不貞行為の証拠がなく、夫が不貞行為を否定している場合、離婚をするには夫の合意が必要なので、夫がこれに応じない場合すぐに離婚をすることはできません。

もっとも、仮に証拠がなくても、いつまでも離婚ができないというわけではなく、別居が長期にわたり続いたというような事情が加われば、「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるとして裁判離婚が認められます。

ーー離婚以外の選択肢はありますか

夫と交際相手の女性に対して、慰謝料の請求をすることができます。もっとも、離婚をする場合に比べて、請求できる慰謝料額の相場はかなり下がります。また、その交渉の中で、「今後、互いに一切連絡を取らないこと」等の誓約をさせるということも考えられると思います。

離婚に踏み切ることはできないものの、一緒に生活をすることも精神的に耐えられない場合、再度別居することも考えられます。

別居をする際には、月々の生活費(婚姻費用)や、子と父親の交流方法などについて取り決めをしておきましょう。当事者間で話し合いがつかない場合は、調停手続を利用することができます。

●「離婚してもやっていける」生活設計を

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング