特殊部隊の元自衛官が“小説”で描いた「拉致被害者の救出シナリオ」、リアルな作戦描写が話題

弁護士ドットコムニュース / 2020年7月29日 10時5分

写真

関連画像

北朝鮮でクーデター勃発、人間の盾とされた日本人拉致被害者を救出すべく、自衛隊特殊部隊に秘匿作戦命令がくだされた――。

日本初の特殊部隊、海上自衛隊「特別警備隊」を創設した元自衛官・伊藤祐靖氏が上梓したドキュメント・ノベル「邦人奪還 自衛隊特殊部隊が動くとき」(新潮社)では、壮絶な救出作戦の全貌が、とても小説とは思えないほどリアルに描かれている。

伊藤氏はかつて、尖閣諸島・魚釣島に上陸し、日本国旗を掲げたことがある。インタビュー前編で上陸の舞台裏を語ってくれた伊藤氏が、後編の本記事で現在も尖閣諸島をめぐって気を抜けない対中情勢、対半島情勢を語る。有事における心構えとはいかに。(編集部・塚田賢慎)

●拉致被害者を取り戻すため、自衛隊が北朝鮮で実戦を経験するとしたら

ーー前編で語られた魚釣島上陸の実体験があるからこそ、本の中で描かれた魚釣島での特殊部隊の行動はリアルでした。悪臭を放つ蛇や、虫の鳴き声など、上陸したからこそ描けるんでしょうね。この本も「ドキュメント・ノベル」という手法で描かれています

そうですね。守秘義務があるので自衛隊での活動を書くには制約があったため、このような形で小説として描いています。

ーーそれゆえに、北朝鮮から6人の拉致被害者を「奪還」する過程にもリアリティーがありました

北朝鮮のミサイル発射の動きを察知したアメリカがピンポイント爆撃に踏み切る可能性が高まる。しかし、その標的近くに、日本人拉致被害者がいるとの情報がもたらされた。日本政府は拉致被害者を救出するべく、自衛隊の投入を決める…。総理大臣、官房長官、防衛大臣が自衛隊投入の法的な制約をクリアにするため、激論をかわす。結果、特殊部隊の投入が決まった、というのがストーリーです。

ーーでは、同様の事態が現実で起きたとき、本当に自衛隊が動くのでしょうか

「邦人奪還」のケースを例にすれば、目的は「北朝鮮にいる拉致被害者たちを生きて取り戻す」ということです。解決方法はたくさんあって、自衛隊や特殊部隊の投入は、人命を危険にさらすというリスクを負う以上、最後の手段だと思います。

「アメリカに爆撃中止をお願いする」「首相がとにかく土下座する」「北朝鮮に数億円のお金を払って返してもらう」「アメリカの農作物を数兆円で買うからピンポイント爆撃はやめてくれと頼む」。他にいくらでも方法はありうるはずです。

あらゆる方法の中で、武力で取り戻すことを選んだ場合には、一番向いているのは自衛隊特殊部隊の投入だということです。どんなに強くても100人のプロレスラーが現地に行ったとしてもどうしようもない。警察や海上保安庁もあるけれど、こういった目的に転用できる「装備」や「技術」も持っているのが特殊部隊だからです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング