人気漫画「アクタージュ」原作者の逮捕、わいせつ事件起こす人にありがちな「両面性」

弁護士ドットコムニュース / 2020年8月11日 18時0分

写真

関連画像

路上で女子中学生にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで、人気漫画「アクタージュ act-age」の原作者、松木達哉容疑者が8月8日、警視庁に逮捕された。

報道によると、松木容疑者は6月18日、東京都中野区内の路上を歩いていた女子中学生に背後から自転車で近づき、追い抜く際に胸を触った容疑が持たれている。区内では、ほかにも同様の事件が発生していたという。

松木容疑者は漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の「アクタージュ」の原作をマツキタツヤとして担当していた。

この事件を受け、集英社は8月10日、連載の打ち切りを発表した。「事件の内容と、『週刊少年ジャンプ』の社会的責任の大きさを深刻に受け止め、このような決断に至りました。ご心配、ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

自転車で背後から近づいて、走り去る犯行はあとをたたない。どのような問題があるのだろう。やはり、自転車を悪用した犯罪の被害に遭った経験のある鐘ケ江啓司弁護士に聞いた。

●自転車で背後から襲われる恐怖

「個人的な話になりますが、私が小学生のころ、自転車に乗っている少年から、突然後頭部をバットで殴られたということがあります。

いきなり地面に倒されて、何があったのかわからなかったのですが、前を見ると、バットを振り回しながら『ワハハ』と笑って過ぎ去る姿が見え、殴られたのだとわかりました。追いかけようとしたのですが、後頭部を殴られたためか体が良く動かずにそのまま逃げられました。後ろの荷台には女の子がいて、こちらを見ていたことが記憶に残っています。

その後、しばらく自転車が来るだけで警戒するようになりましたし、25年以上経過しても記憶に残っています。殴ったほうは忘れているかもしれませんが、殴られたほうは忘れていないということです。

今回の事件とは違う点もありますが、『安心感』が失われるという被害は共通していると思います。『ただ触っただけじゃないか』という問題ではないのです。なので、報道が事実だとすれば、松木氏にはそういった被害をきちんと認識して、反省してもらいたいと思います。

もちろん、弁護人と話して決めることですが、私としては、余罪も含めてすべて話をしたうえで、一人ひとりに対して謝罪と賠償をおこなってほしいと思っています。それが結果的には本人の立ち直りにもつながると思います」

●都市部で発達する防犯カメラの捜査網

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング