「ゲーム作る」司法修習生、異色のチャレンジ 「法律学習のリアル、体験してほしい」

弁護士ドットコムニュース / 2020年8月26日 10時35分

写真

関連画像

多数のツールが存在することから、個人でゲームをつくるハードルは年々下がっている。とはいえ、司法修習生が個人でゲームを制作しているとなると相当珍しいのではないだろうか。

8月上旬、「これ僕が作ってるゲームです。いかがでしょうか」という内容のツイートがゲーム画面とともに投稿された。

ツイートしたのは、現役の司法修習生である「さんかいめ」さん。各地の地方裁判所に配属され、法曹三者(裁判官・検察官・弁護士)の実務を体験しつつ学んでいく「実務修習」をこなしながら、ゲームを制作しているという。

多忙な司法修習と並行して、なぜゲーム制作を行っているのか。その熱意はどこからくるのか。さんかいめさんに話を聞いた。(編集部・若柳拓志)

●自身の体験から綴られる物語『「法」ガール』

制作しているゲームのタイトルは『「法」ガール』。ジャンルはアドベンチャーゲームで、主人公が法学部に入学してから司法試験に合格するまでの物語がベースになるという。

「自分自身の体験をふんだんに盛り込み、『自分なりのリアリティ』を追及した作品にしたいと思っています。

三部構成で、『法学部入学からロースクール試験合格』までの物語を第一部として2021年春までにリリースする予定です。たくさんの人にプレイしてもらいたいので、今のところ、無料での公開を考えています」

キャラクターデザインや背景画像は外注やフリー素材などを使用しているが、物語や台詞はすべて自分で用意。登場キャラクターにはヒロインに当たる女性も含まれるが、いわゆる「ギャルゲー」とは一線を画し、女性プレイヤーを意識した作りにするという。

「ロースクール入試や司法試験受験を通じたヒロインとの恋愛模様は物語の一要素として加えるつもりですが、恋愛要素も含め、学生生活を高度に再現した群像劇にできればと考えています。

また、法律を扱うのは法曹だけではありませんので、公務員を目指したり会計士を目指したりするようなサイドストーリーがあってもいいのでは、という構想もあります」

●「物語は長年作り続けてきた」

自分の体験を基にした話であっても、「ゲームの物語」に昇華させるのは容易でないはずだが、さんかいめさんにとって、物語を作ることは苦ではないという。

「小学生の時に放送していたアニメ『最終兵器彼女』、『ヒカルの碁』といった素晴らしい作品に触れて以来、自分も物語を作りたい、と強く思うようになりました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング