競馬の予想「パクって有料販売」が横行、noteなどで問題に…予想家の謝罪あいつぐ

弁護士ドットコムニュース / 2020年9月5日 8時4分

写真

関連画像

コロナ問題でさまざまな産業がダメージを受ける中、好調なのが競馬業界だ。ネットで投票ができることもあり、中央・地方ともに前年以上の売り上げを記録している。

こうした中、メディアプラットフォーム「note」や「サロン」などで、有料予想の「パクり」問題が起きている。

たとえばこのほど、あるYouTuberが別の予想家の予想を盗用し、自身のnoteなどで販売するという出来事があった。馬の番号だけでなく、予想の根拠(見解)をほぼコピペしていたため、謝罪に追い込まれている。

また、馬の番号のみを記載しているようなエントリーについて、別の有料予想との一致率の高さから、パクりが発覚するというケースも。

有料・無料を問わず、他人の予想をパクった場合、法的にはどんな問題が発生するのだろうか。甲本晃啓弁護士に聞いた。

●番号の組み合わせに著作権はある?

ーー予想のパクリに法的な問題はありますか?

まず、結論からいうと、もちろん程度の問題はありますが、他人の競馬の予想をそのまま無断で転載したり、その予想内容を盗用したりすることは、原則として違法性があると考えられます。

ーー競馬の予想に著作権があるということでしょうか?

確かに真っ先に問題となりそうなのが著作権です。ある競馬予想について「どうしてそう考えたのか」という理由を本人なりに文章で表現したものを、そのまま無断転載すれば著作権侵害になるというのは、感覚的にも理解しやすいものと思います。

他方で、他人が予想した番号(上位に来るであろう馬の出走番号)の組み合わせ(以下「予想番号」といいます )についてはどうでしょうか。

予想番号のそれ自体は、単なる情報ですから、これに著作権は成立しません。なぜなら、著作権は人の考えそのものを保護対象としていないからです。

著作権とは、人の考えを創作的に表現したものに成立するとされており、ここにいう「創作的」とは「ありふれたものではない」という意味です。

予想番号は、予想を表現する割合ありふれた方法ですから、著作権の対象ではないと考えられます。確かに、予想は偶然同じになることがありますから、誰かひとりに著作権を認めてしまうと、別の人がその予想番号を使うことができなくなるので、不都合が生じますよね。

なお、過去の裁判例(東京高裁昭和62年2月19日判決、いわゆる「当落予想表事件」)には、競馬の出走表にならって「▲」などの記号を使って作成された国政選挙の候補者の当落予想表について著作権を認めたものがあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング