インターネットで「死にたい」は薄まるか? 和光大・末木新准教授に聞く「研究の最前線」

弁護士ドットコムニュース / 2020年9月15日 10時4分

写真

関連画像

インターネットと自殺が関連した事件が注目を浴びている。

2019年11月、難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者だった女性(当時51)が、ツイッターで連絡を取り合っていた医師2人によって殺害された。安楽死を望んでいた女性が報酬を支払い、医師2人が薬物を注入した。医師2人は嘱託殺人の疑いで逮捕・起訴されている。

また、2017年10月には、神奈川県座間市のアパートで男女9人を殺害した疑いで、白石隆浩被告人が逮捕された。彼もツイッターで、自殺願望のある女性たちとやりとりをしていた。ネットと自殺に関連する分野を研究する和光大学の末木新准教授(臨床心理学)に聞いた。(ライター・渋井哲也)

●「死にたい」はレアな現実ではない

――自殺について研究することになったきっかけは?

末木: 拙著『自殺学入門』(金剛出版・2020年)の"あとがき"でも触れましたが、祖父が自殺をしたことです。もともと研究者になろうと思っていたのですが、やはり、関心のある研究テーマは「自殺」でした。現在、和光大学で「自殺学」を開講していますが、文系の大学では、ほかにないのでは。和光大学はわりと寛容なので、「やりたい」と言ったら、「どうぞ」という感じでした。

――今年は希死念慮(死にたいという願い)があったALS患者がツイッターで知り合った医師に殺害されました。また、2017年には、座間市でツイッターで知り合った男女9人を殺害する事件もあるなど、注目されるインターネットと自殺が関連する事件がいくつかありました。

末木: 実は、こういう事件は以前からもありました。1990年代後半から、数年おきに話題になる事件が起きています。「死にたい」という人とSNSで出会った人が、「殺したい」とまでは思わなくても、結果として殺害する。ネットを介して、お互いが引き合って、実際に亡くなってしまうのは、もう珍しくない。悲観的ですが、ゼロにするのは難しいですね。

――2003年以降の数年間に流行した「ネット心中」(自殺系サイトなどで呼びかけて、見知らぬ人が集まって自殺すること)に比べれば、件数としては少なくなっています。ただ、座間事件では、10代、20代の若い人たちが犠牲になりました。「死にたい」というキーワードに吸い寄せられたわけですが、どんな心情が働いているのでしょう?

末木: 事件について、個別の事情はわかりませんが、自殺者数は、10代後半から増えます。若年層(20代まで)と高齢者(60代以上)の自殺率は変わらなくなってきています。また、20代後半からは、自殺について考えたことがある人は一定の割合で出てきますので、ありふれた現象と言えます。つまりは、「死にたい」と思うことは、レアな現実ではないのです。その中で一定の人は、ネットで自殺について調べます。しかし、実際に、知らない人と会うとなると、そこはハードルが違います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング