「教師がトイレで娘にわいせつ行為」 両親の必死の訴えを信じない学校…提訴に至るまでに何があった?

弁護士ドットコムニュース / 2020年9月26日 8時34分

協議の結果、やっと男性教師は2学期を機に、小学校から異動になった。また、男性教師と校長は、「教職員による不適切な指導」という理由で、自治体の教委から口頭厳重注意を受けた。

女の子が両親にわいせつ行為を打ち明けてから、半年が経とうとしていた。しかし、ここまで両親が手を尽くしても、自治体の教委と学校がわいせつ行為を認めることはなかった。

実は、両親はわいせつ行為がわかった直後、警察にも被害届けを出した。しかし、結果は不起訴に終わっている。体育館のトイレで一対一での行為だったため、誰も目撃者がいなかったことが影響したと推測される。

「警察には、『たとえば、きゃーっと声をあげて逃げて、誰かがそれに気づいた場合も、証拠になる』とは言われました。でも、娘はそのとき、怖くなって身動きがとれなかったそうです」と父親は話す。

●他の被害を調べるアンケートを男性教師が配布

結局、教師によるわいせつ行為に対し、学校や教委の反応は鈍かった。両親と女の子は昨年1月、民事訴訟を起こすことにした。

「最初から提訴しようとは思っていませんでしたが、今後、教師によるわいせつ行為を受けて、学校に通えなくなってしまう子を、二度と出したくないという思いから、提訴することにしました。いくら学校や教委に訴えても、うちの子が嘘をついたと言われてしまいました。きちんと第三者委員会をつくって、事実を調べてほしいと思います」と父親は訴える。

男性教師本人の聞き取り以外に、学校では同様の被害があったかを調べるアンケートがおこなわれたことがあった。その結果、ほかの子どもに被害はなかったというが、両親によると、その男性教師もアンケート用紙を配り、記入する子どもたちの名前を書く欄もあった。アンケート用紙は、学校で書かされたという。

しかし、そのアンケート用紙は被害にあった女の子には配られなかった。また、女の子の両親が男性教師の担任していたクラスの女子全員の家族に対し、独自の聞き取りをおこなったところ、女子3人がくすぐられたとして、学校に相談していたことがわかったという。

村山弁護士は「学校で起きたことについて、しかも、当該教師の前で、子どもたちが本当のことを書くことは難しいと思います。本当に子どもの立場を考えれば、家庭内で書かせて、提出先も第三者にするべきです」と話す。

●教師のわいせつ行為はなぜ起きるのか?

こうした背景について、米田理事長はこう説明する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング