「突然いなくなった」V系バンドの元メンバー、事務所と和解成立で「脱退の真相を伝えたい」

弁護士ドットコムニュース / 2020年11月19日 10時10分

写真

関連画像

ビジュアル系ロックバンド「コドモドラゴン」の元メンバーで、ギターを担当していた男性、華那(カナ)さんに、ようやく「脱退」について話せるときがやってきた。ことし8月、所属していた事務所と争っていた民事裁判で「和解」が成立したからだ。

その内容は、事務所が(1)カナさんに和解金として330万円を支払う、(2)カナさんが適応障害を患ったことについて配慮を欠いたことを謝罪する――というもの。カナさんは11月18日、ブログ(https://kana-gt.com/to-everyone20201118/)上でそのことをつづっている。

カナさんは、弁護士ドットコムニュースの取材に「裁判はとても長くて、しんどかったけれど、今ではやって良かったと思う」としたうえで、「脱退の真相」を伝えたいと話している。

●カナさんは「適応障害」を患っていた

カナさんは2013年、事務所と実務家契約を結んで、コドモドラゴンのメンバーとして活動していた。ところが、その後、カナさんが「失踪する」という事件が起きる。

事務所は2018年5月、公式ウェブサイト上で、カナさんの「脱退決定」を発表した。

事務所によると、カナさんは同年1月4日、突然姿を消して、1月6日に「コドモドラゴンを脱退させてほしい」という手紙を送ってきた。事務所は「脱退するならファン前で伝えること」などと提案したが、カナさんが拒否した・・・ということになっている。

しかし、実は、カナさんは「姿を消した」のではなく、精神的に参ってしまっていたのだ。同年1月6日、カナさんは、医師から「適応障害のため、中等度のうつ状態を呈しており、就業不能であり、そのため今後2カ月間の自宅療養が必要である」という診断を受けている。

どうして、適応障害を患ってしまったのか。カナさんによると、ことの発端は、2016年9月、社長から誘われたゴルフをカナさんが足のケガを理由に断ったことだという。

「医者からも『ライブが近いなら、ゴルフには行かないほうがいい』と言われたので、その旨を伝えたうえで、ゴルフの誘いを断りました」(カナさん)

そのときは問題とされなかったが、その翌日に「カナが普通に歩いていた」という話を聞いた社長は後日、カナさんに「嘘をつくな!」と激怒した。そこから"ハラスメント"がはじまったという。

●ことあるごとに「クビにするぞ」と言われていた

カナさんは、ことあるごとに社長から「クビにするぞ」と言われるようになった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング