鉄道局職員、ニセの「青春18きっぷ」を使った疑いで逮捕…鉄道マニアの弁護士が解説

弁護士ドットコムニュース / 2020年12月30日 9時56分

写真

関連画像

偽造した「青春18きっぷ」を使って、電車に乗ったとして、国土交通省鉄道局の男性職員が12月中旬、偽造有価証券行使と詐欺の疑いで警視庁に逮捕された。

報道によると、男性は12月18日昼ごろ、JR石川町駅(横浜市)から東京駅まで、偽造した「青春18きっぷ」で電車に乗った疑いが持たれている。

自宅のパソコンやプリンターで偽造していたようだ。警察の取り調べに「電車代を節約するつもりでやってしまった」などと容疑を認めているという。

青春18きっぷの冬季利用分は、12月1日から31日まで販売されている(利用期間は12月10日から2021年1月10日まで)。鉄道にくわしい甲本晃啓弁護士に聞いた。

●鉄道局職員である意味

――そもそも偽造した「青春18きっぷ」を利用したら、どんな罪に問われるのでしょうか?

青春18きっぷを偽造したことについては有価証券偽造等罪(刑法162条1項)、それを使用したことについては同行使罪(163条1項)が成立します(法定刑は3カ月以上10年以下)。

有価証券とは、特定の価値を持っている紙のチケット類をいいます。切手、商品券、クーポン券、割引券、株主優待券、各種の入場券・入園券などのほか、鉄道の切符もこれにあたります。

また、偽造した切符を使って、運賃の支払いを免れるという行為については詐欺罪(刑法246条2項:法定刑は1カ月以上10年以下)も成立します。詐欺罪と聞くと、人を騙してお金や物を奪うことをイメージしますが、人を騙して支払いを免れることも同じように詐欺罪として罰せられる行為なのです。

なお、男性職員の行為について、鉄道営業法違反や建造物侵入罪なども理論的には成立しえるのですが、法定刑(刑罰)が軽いので、処罰の際に別途これらの罪が考慮されることはありません。

―――鉄道会社を管理監督する鉄道局の職員であることは何か影響がありますか?

いわゆるコンプライアンスの問題です。企業や官庁には、その活動実体の大きさゆえ社会的責任があり、従業員や職員についても、職務との関係で高い清廉潔白性が求められています。

交通安全を推進するべき自動車会社の立場のある人が飲酒運転で捕まったという事件が先日ニュースになりましたが、今回のケースもまさにこれと同様で、より強い社会的非難を浴びることになる事件といえます。

今回、容疑者が鉄道局の職員であったことは、刑事事件で処分が重くなる方向で影響します。

●片道切符を偽造するより悪質だといえる

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング