「『130歳の祖父』を死なせてあげました」60代男性、相続で初めて知った衝撃の血縁

弁護士ドットコムニュース / 2021年1月24日 9時15分

写真

関連画像

「おじい様名義の不動産について、お伝えしたいことがあります」

ある日届いた弁護士からの手紙をきっかけに、母子家庭で育った男性Aさん(60歳・東京都)は、それまで知らなかった「家族の歴史」を知ることになる。

家族とは、血縁とは何なのかーー。初めて出会う親戚との長いやりとりの中で、Aさんには何とも言えない感慨が芽生えていた。本人への取材をもとに一人称視点でおくる。(ライター・野林麻美)

※特定を避けるため一部の数字等を変えています

●突然の手紙 不動産の相続

勤め上げた会社を定年退職したばかりの私のもとに届いたのは、福岡県の弁護士からの手紙だった。福岡に縁などないはずだが…。そう訝しがって開封すると、そこに書かれていたのは、つかみどころのない不動産相続の話だった。

「A様のおじい様名義の自宅不動産が福岡県◆◆市にあり、相続登記がされないままです」

私は父親の顔すら知らずに母子家庭で育った。そこにこんな手紙が舞い込んできのだから驚くほかなかった。

「おじい様」とは、母と離婚した父の父のことらしい。文面には、この家の石垣が崩壊し、隣地の住人が困って弁護士に相談に来たこと、このエリアは昨今開発が進む人気地区で、購入希望の不動産業者がいることも書き添えられていた。

とにかく詳しい話を聞かねば…。老いた母に相談することもはばかられ、私は慌てて記載された弁護士事務所に電話をした。

●祖父はまだ死んでいなかった?

担当の若い男性弁護士によれば、父は福岡県に生まれ育ち、東京から嫁いだ母とは私が生まれて間もなく離婚。その後は死ぬまで独り身だった。

祖父には父の上に5人の娘がおり、全員が死亡しているため、私たち孫世代21人が代襲相続人となる。しかし弁護士が手紙を出して、返事を寄越したのは私だけだという。

「お隣さんは、危険な石垣や、古い建物を解体してほしいのです。それに…」

私は浮足立った。購入希望業者の提示金額は3000万円だというのだ。単純に計算して私には500万円もの相続分がある(3000万円を祖父の子ども6人で割った金額)。

しかし、そんな思惑は、弁護士が継いだ言葉で粉砕された。

「実は、生きていれば130歳になるおじい様は、戸籍上亡くなっていないんですよ…」

なんだって? 私の脳内に、たくさんの疑問符が浮かんだ。

「おじい様は死亡届が出されていないのです。ですから、まずは法的に死亡を確定させる手続きが必要です」

とんでもない話に巻き込まれてしまった。沈黙する私に弁護士はこう言った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング